捨てられないLove Letters

優子さんの洋服と本、そして先週は大量の靴を捨てました。もし奇跡が起きて歩けるようになったら新しく買いましょう。今日はタンスの中を整理していたら夏用と冬用の喪服(着物)が出てきました。ワンピースの喪服を着ているのは何度も見ていますが着物は見たことがありません。喪服用の黒の草履は値札が付いたままでした。よく分からない小物や文具がたくさんあり…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

優子さん、食べてネ!

今まで飲み込みテストを4〜5回行っていますが全く問題ありませんでした。最近も訪問歯科や今回入院した病院のSTのチェックでも嚥下は問題ありませんでした。しかし「食べている途中で口を閉じて食べることをやめる」「口を閉じたら歯を食いしばって食べない」と利用しているデイサービスやショートステイから言われ始めました。心配した訪問医が血液検査をして…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

火曜日は診察日でした

●前にも書きましたが、A医師は大学病院を定年退職され4月に下記のビル7階でクリニックを開院されました。東京駅・新幹線日本橋口から歩いて2分のビルです。診療科:心療内科、精神科、代謝内分泌内科、脳神経内科です。医師は3人と臨床心理士2人です。 大学病院の頃は新幹線を利用して診察にこられた方もいたので東京駅近くにしたのか?分かりません。A…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

読書好きだった優子さんの悔しさ

優子さんは漫画・童話から古典までジャンル問わず何でも読んでいました。読む本がない時は新聞や折り込みチラシまで丹念に読んでいました。不動産チラシは間取り図の押入れやトイレなどの位置まで修正しながら読んでいました。優子さんのような人を活字中毒者と呼ぶのかもしれません。アルツハイマー病の進行とともにだんだんと本が読めなくなってきました。難しい…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

血液検査の結果は良好

食事量がだんだんと減ってきました。もう少し食べさせようとしても口を閉じてしまいます。長い時間の食事は疲れるようです。栄養補助食品も使っていますが体重は47.2kgで先月より1.4kg減少しました。心配した訪問医が栄養状態などを確認したいので前回の訪問の時に採血をして帰りました。今週、血液検査の結果が分かりました。心配した栄養状態も問題な…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

野辺山宇宙電波観測所

夏休み中です。 天文ファンの聖地(?)とも言われている野辺山宇宙電波観測所に行きました。念願叶って感動しました。 佐久平駅でレンターカーを借りようとしましたが、駅周辺の3社とも満車でした。仕方ないので佐久平駅から小海線で野辺山駅まで行き、駅前で自転車を借りて野辺山天文台まで行きました。小海線は初めてでしたが楽しい電車の旅でした。 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

骨折する2週間前の歩行(ゆっくりですが走れた)

転倒・骨折に注意! 2014年1月の写真です。アルツハイマー病の診断後11年の頃です。姿勢、歩幅、歩くスピードも問題ありませんでした。この2週間後、自宅で転倒し大腿骨頸部の骨折をして人工骨置換手術を行いました。2週間の入院と、その後3週間ほど老健に短期入所しました。退所する時には全く歩けなくなりました。一般的にアルツハイマー病の場合、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

福祉用具の変更・追加

□車いす 安定した姿勢をたもつために背は半円形に変更しました。前にはLACテーブルをつけて姿勢保持と肘が痛くならないようにパット付きにした。 ●車いす合計の単位:2250単位  車いす:1100、クッション:400、LACテーブル:250、背:500 □ベッド ベッドのマットを初期の床ずれ防止対応に変更した。 スリット加工に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

快・不快

優子さんが自発的にできる唯一の表現は快・不快の感情表現です。 優子さんとの会話は不可能ですが、親しげに話しかけると誰に対しても嬉しく思い笑顔になります。直感的にいい人だと感じているようです。常に行き先に不安を感じている優子さんの旅路の案内人である私の存在は重要です。ゴールが近いので道に迷わないようにしたい。
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

優子さん、疲れました

●今日の訪問  1 訪問リハビリ(PT):11時〜12時(2単位から3単位に増)    立位の練習と足と首回りのリハビリ  2 訪問医:12時30分〜13時  3 訪問看護:14時〜15時    看護師二人で浣腸と摘便(1週間の便秘) ※入院前と同じくらいの時間(20秒)が立位できる…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

たわいもない私ごと

いつも車かチャリで行く市立病院まで歩いて行きました。また太ってきたので減量のためです。 3ヶ月ごと泌尿器科に通院しています。病名は前立腺肥大で10年ほど薬での治療を行っています。「薬の効果がなくなったら手術を考えましょう」と医師は言いますが、なるべく手術は避けたい。 現在薬はユリーフ4mg+アボルブカプセル0.5mgを服用しています…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

最近の諸々

尿路感染症で入院したのですが、救急搬送の時は急性気管支炎(誤嚥性肺炎も含む)の疑いだったので呼吸器内科病棟に入院しました。4人部屋で同室の3人の高齢者は誤嚥性肺炎で入院されているようでした。熱も下がり元気になっても排泄もベッド上、食形態も重度の嚥下食でした。退院してから在宅介護が困難になるのは分かりきっていたので退院後のことも考えて何度…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

口腔ケアは大切

誤嚥は飲食物などが胃ではなく、誤って気管に入ってしまうことです。通常咳反射によって、むせることで異物を気管から吐き出しますが、これは『顕性誤嚥』と呼びます。 一方、誤嚥しても咳反射のみられない『不顕性誤嚥』と呼ばれるものがあります。不顕性誤嚥は、飲食物や少量の唾液が気付かないうちに気管に入るもので、食事中や夜間の睡眠中にみられます。要…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

優子さん、退院しました

優子さんは午前中に退院しました。担当医から訪問医と訪問看護師への資料も渡されました。 アルツハイマー病の進行とともに優子さんの色気も病気に覆い隠されると幼児が持つ可愛さが現れてきました。高度なアルツハイマー病の優子さんの在宅介護は大変なこともたくさんあるが、優子さんの退院でグレーだった日々にまた色が加わりました。 在宅で看取りをする…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

優子さんの退院日決定

優子さんの退院は5月9日(木)に決定しました。今日も昼食介助、そして夕食介助と口腔ケアをして8時頃家に帰るのが日課になりました。仕事がある日は夕食介助とその後の口腔ケアのみです。病院では終日オムツとパッドの生活でした。すべて排泄はベッド上でトイレ介助をしない方針でした。入院中は一度も立位をすることもありませんでした。退院したらリハパンと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

入院して1週間経過

先週の月曜日に入院して1週間経過しました。入院してから食事も排泄も全てベッド上です。便秘も10日続いたので荒療法(?)をしたら、大量の排便が2日続けてありました。今日から車椅子での生活を考えていましたが、体温が37.5度あるので中止になりました。「この程度の熱なら時々あるので大丈夫です」と看護師に言ったのですが納得してもらえませんでした…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

御難続きの優子さん

4月22日(月)午前8時頃、市立病院に入院しました。 高熱(40度超え)で意識レベルが低下したので訪問看護師に来てもらい、訪問医の指示で救急車をお願いしました。訪問医が入院先を探し、事前に連絡をしてくれたのでスムーズな入院ができました。入院は2週間の予定です。 1ヶ月に2回の救急搬送になりました。昨日は様々な検査を行いましたが、重篤…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

優子さんの写真を整理

今まで優子さんの本、洋服、手紙、仕事や趣味の資料などを整理してきましたが最後に残っていたのが写真です。0歳から結婚するまでの写真がたくさんありました。先月義妹が優子さんに会いに来たので一緒に写真の整理をお願いしました。優子さんの思い出話を聞きながら整理しました。義妹が少し写真を持って帰りましたが残りはクリーンセンターに持って行き処分しま…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

転倒後、順調に回復

4月4日(木)に転倒してから3日経過しましたが順調に回復しています。打身も赤から青へ、今は黄色くなっています。今週の木曜日が抜糸です。ご心配いただきありがとうございました。 4月4日(木):治療が終わり午後2時には家に戻り、午後3時過ぎに横になりました。タイミングよく木曜日は訪問看護の日で、2人の看護師が来訪されました。だんだんと…
トラックバック:0
コメント:7

続きを読むread more

優子さん救急搬送

午前11時頃、特殊歯科のトイレで転倒して救急搬送されました。 歯科治療の前に車椅子トイレに行き座らせました。座らせる時にトイレのサイド手すりが邪魔になるので左側の手すりを上げて座らせました。その時、上げた左側の手すりを下すのを忘れていました。新しいパットをバッグから取るために背を向けた瞬間に鈍いドスンという音で振り向くと左側に倒れてい…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

最近の様子

最近の優子さんは心身ともに不調です ●今までにない巨大な水疱が手に時々できるようになりました。 ●長い時間(30分~1時間くらい)ではないですが、大きな声と過呼吸が毎日起きるようになりました。 ●時々幻視に怯えているような様子がうかがえる。 (優子さんは言葉で表現できないので、目の動きと顔の表情からの判断) ●水分量は増えてい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2018年、仏で抗認知症薬4種類を保険適用外に

アルツハイマー病の有効な治療薬はすぐに開発されることはないと思います。また進行したアルツハイマー病の治療薬がなく、治験は主に初期段階に焦点を当てている現時点では、認知症ケアの最前線にいるのは介護に携わる人々です。 介護の方法や支援のやり方を工夫し、認知症によって起きる様々な状態の変化に対応できる環境を作ることで、本人や支える人の生活の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

連敗が続く新しいアルツハイマー病治療薬の開発・続々

犯人扱いされ続けるアミロイドβ この20年近く、研究者や研究出資者や治験(臨床試験)は、総じてある1つの方法に注力してきた。アミロイドβというタンパク質の塊が、アルツハイマー病と密接に関わりのある斑(老人斑)を形成する。この塊を脳から取り除こうという試みである。 しかし、アミロイドの蓄積を減らすことはできても、認知症の進行を止めたり…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

連敗が続く新しいアルツハイマー病治療薬の開発・続

―アルツハイマー病の治療薬開発が難航しています。 柳澤 根本的治療をめざし,アミロイドβ(Aβ)の産生を抑制するBACE阻害薬などの開発が進められてきましたが,2018年に入り臨床試験の中止が相次いでいます。アルツハイマー病の薬として国内では現在,3種類のアセチルコリンエステラーゼ阻害薬,1種類のNMDA受容体拮抗薬が認可されています…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

連敗が続く新しいアルツハイマー病治療薬の開発

3月21日、バイオジェン社とエーザイ株式会社(以下、エーザイ)は、アルツハイマー病による軽度認知障害および軽度アルツハイマー病患者を対象とする、アデュカヌマブの有効性、安全性を評価する臨床第III相国際共同試験を中止することを発表しました。 アデュカヌマブとは、認知症の原因物質とされる脳内に蓄積されるアミロイドβに対する抗体ベースの免…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2007年のブログは読み聞かせデモから

●ブログの始まりの読み聞かせデモの再掲載です。 セカンドオピニオンで通院していた都内のK病院の資料をみると発病が2000年8月頃となっています。この病院で2003年8月にアルツハイマー病の診断を受けました。9月22日よりアリセプト開始と同時に週1回の脳リハビリも開始されました。ここからが優子さんと私の修羅場の始まりです。優子さんに何度…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

鬼の目にも涙?

2007年4月からブログを書き始めました。 今日は暇だったので最初から読み返しました。最初の頃は優子さんに関しての記事は私が読んで聞かせました。必ず優子さんにOKをもらってから記事をアップしていました。特に写真に関しては優子さんが嫌がるのは載せませんでした。 医療や社会制度に関しては注意深く書いていましたが、情報が古くて少し手直しが…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

優子さんの部分入れ歯完成

静脈内鎮静法での虫歯や抜歯の治療も終わったので試しに部分入れ歯を作りました。 大きい部分入れ歯が下で小さいのが上です。最初は両方装着しないで下だけにしたら良いと歯科医師の提案でした。優子さんにとって部分入れ歯は異物です。バネが弱いと簡単に舌で外すので少し強めにしました。部分入れ歯を作った理由は食べるためではなく、残っている歯の補強と顔…
トラックバック:0
コメント:7

続きを読むread more

優子さん、怒っています

3泊4日のショートから午後4時に帰ってきてから怒っています。 救急車のサイレンのような声を張り上げていますが、不思議なことに時々笑顔も見せます。 なぜ怒っているのか、話せない優子さんから聞くことはできません。 訪問歯科の6時から30分は静かにしていました。
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more