在宅介護あれこれ・・・4

●3月の介護施設・訪問看護等の利用実績 1 Aデイサービス:9日(時間延長で夕食まで) 2 Bデイサービス:4日(認知症対応型) 3 ショートスティ:3泊4日×2回 4 訪問看護:4回 5 訪問歯科:4回(介護支援センター 歯科衛生士) 6 訪問医:1回 7 訪問リハビリ:4回(理学療法士) 8 訪問マッサージ:6回 …
コメント:0

続きを読むread more

自粛から萎縮

廃用性萎縮:寝たきりや行き過ぎた安静状態が長く続くことによって起こる筋肉や関節などが萎縮すること。 「萎縮」は筋肉について表現していることですが、この言葉がまさに、精神状態を含む今の状況を表しているなと思います。心もカラダも、萎縮して元気がなくなっている方、とても多くなっています。(しんとこ駅前クリニックhpより引用) 時々散歩する…
コメント:0

続きを読むread more

アルツハイマー病の優子さんが続ける事が難しい仕事だった

以前もブログに書いていますが、優子さんはアルツハイマー病の診断を受ける3年前(47歳)に仕事をやめています。仕事はしかけ絵本(飛び出す絵本)のデザイナーでした。プロダクションで40歳まで働き、その後はフリーになり家で仕事をしていました。様々な制約の中で紙で作る立体の構造を考えるのが仕事でしたが47歳の頃は立体になる簡単な平図面を描くのに…
コメント:2

続きを読むread more

在宅介護あれこれ・・・3

●ケアの基本 昔から認知症のケアの基本について下記のようなことが言われています(原文のまま) 「痴呆症はもとより、患者さんのケアにおいて、最も大事なのは、被介護者と介護者との間の人間関係であることは言うまでもない。 ・・・・・(中略) 脳が侵された患者さんをケアする場合、個々の患者さんの障害、すなわち侵されている機能を把握するの…
コメント:0

続きを読むread more

在宅介護あれこれ・・・2

若年性アルツハイマー病は高齢者に比べて症状が多彩です。 「高齢者ADは若年性ADと比較して失語や失行といった皮質の局在症状は目立たず、記憶障害を主症状とした典型的な経過を示すことが多い。若年性ADは●視空間認知障害●遂行機能障害●失語(LPA)●幻視●錐体外路症状●てんかん、などと症状も多彩で不安が顕著」※1 優子さんが若年性ADの…
コメント:0

続きを読むread more

在宅介護あれこれ・・1

●朝は忙しい ベッドから起こす時は筋緊張で全身強張り硬直しているので仰向けから横向きにします。数分後に起こすと硬直が少し和らぐので起こしやすくなります。また急に起こすと血圧も下がるので、ゆっくり起こすようにしています。ポータブルトイレに移動して排泄を促し、その後に尿路感染症予防のため陰洗を行います。デイサービスで入浴がある日でも必ず陰…
コメント:2

続きを読むread more

パワー50パーセントの優子さん

火曜日にショートスティから戻って今週2回あったデイサービスと訪問歯科、訪問リハ、訪問マッサージは休みました。4日間は全てベッド上での生活でしたが久し振りに車椅子に座らせました。優子さんの叫びも素敵なハスキー声だと迫力がありません。タンがらみのゲボゲボも少なくなりました。まだ必要ないと思っていましたがタンの吸引器があると便利ですね。
コメント:0

続きを読むread more

今日の様子

11時30分に訪問看護師が抗生剤の点滴をしながら爪切りもしてくれました。またCRP値が高いので土・日と抗生剤の点滴をすることになりました。優子さんの声はガラガラ声から色っぽいハスキーな声に変わりました。ちょっと元気になりました。高熱の原因は不明です。火曜日に入院したかったのですが、いつも入院している病院はできませんでした。 ●優子…
コメント:0

続きを読むread more

その後の優子さん

今朝(9時30分)訪問医よりPCR検査は陰性だったので優子さんの治療を在宅で開始するとの連絡がありました 12:00 訪問医 抗生剤の点滴と採血をする      採血の内容によって点滴の継続を検討する 14:00 訪問看護師 便秘が続いているので浣腸をする 18:00 採血の結果より抗生剤の点滴を継続するとの連絡があり    …
コメント:0

続きを読むread more

優子さん、また高熱!

優子さんは私の仕事と若年性認知症家族会アルバの会のため23日(土)から3泊4日のショートでした。 23日は平熱、24日は朝から37度台が続く、25日朝にカロナール服用するがpm17時:37.6℃、pm19時:38.5℃、pm21時:39.7℃と上昇したようです。26日朝にショート先の看護師から対応についての打診があり、早い帰宅をお願い…
コメント:2

続きを読むread more

今年もよろしくお願いします

新コロナ禍の時代で私たちの生き方・人間の関係性が問われ続けています。 普段の生活を続けることの難しさを体験しながらも自分の人生・どこで生活されているにかかわらず認知症の方の新しい人生も勇気を持って前に進めなくなくてはなりません。 私が働いているグループホームでは面会も外出も外泊も禁止されています。入居者は新コロナ禍の状況を把握してい…
コメント:2

続きを読むread more

優子さん、新コロナに感染か?

私の仕事のため12月5日〜12月8日(3泊4日)までショート利用だったのですが、昨日(7日)利用途中で戻されました。理由は高熱?(37.9)・酸素飽和度の低下(70%)・血圧の低下(最高値70前後)などでした。施設は新コロナの感染も疑ったとのことでした。昨日は訪問医の指示で看護師が訪問してバイタル等のチェックをしましたが、ほぼ正常値に戻…
コメント:0

続きを読むread more

ミッキー君の添い寝で気持ちよく昼寝の優子さん

優子さんはミッキー君の添い寝で昼寝中でしたが、私の敏感な鼻がちょっと問題な匂いを感知。今朝は便秘薬グーフイス2錠を服用していました。効果は日によって違うので排便時間を予測することはできません。タイミングが良いとトイレで排便することもあります。立位ができれば風呂場のシャワーで洗うのが簡単ですが・・・。今回は使い捨てタオル等できれいにしまし…
コメント:2

続きを読むread more

暖かな一日

午前は訪問医と訪問リハビリ。 晴れて暖かかったので日光浴しながらリハビリ(PT)をしました。 午後は訪問看護師に爪を切ってもらいました。私より上手い! 今週の土曜日は友達と東京にある2ヶ所の美術館に行く予定でしたが東京の新コロナの感染者が多いので中止にしました。この増え方は怖い。万が一どちらかが感染したら「二人で在宅で頑張るしかな…
コメント:0

続きを読むread more

最近の様子

体重の減少が止まりました。現在45kg、ベスト体重は50kgくらいでしょうか? 写真だけだと話せそう、歩けそうと、まだ自立している部分もありそうに見えますが6年前から全面介助です。ショート先ではパッドとテープ式オムツを使用して排泄介助をベッド上で行なっていますが、家ではリハパンとパッドを使用してトイレでの排便や排尿を心がけています。朝…
コメント:4

続きを読むread more

筋緊張から固縮へ

様々な認知症で、疾患が進行した段階で錐体外路症状を示し、その症状は確実に悪化する。最終的には全身が動かない状態になる。 錐体外路症状とは、大脳皮質―大脳基底核ループの障害に由来する症状である。錐体外路は、錐体路以外の全ての中枢神経系の経路のことで姿勢・運動に対する基本的かつ無意識的な運動をコントロールし、運動が円滑に行うことができるよ…
コメント:2

続きを読むread more

優子さんは独り寝

私の睡眠時無呼吸症候群(SAS)は重度でです。合併症の心配もあるので医師の助言もありCPAP療法を去年の11月から始めました。優子さんと同室だと深夜にパッドの交換をしたり、ちょっとした異変でも起きてしまいました。CPAP療法はマスクを装着して、鼻より空気を送り閉塞した上気道をおし拡げることによって睡眠時の無呼吸をなくし、酸素不足を解消し…
コメント:0

続きを読むread more

認知症対応型デイサービスより

優子さんは月に4日ほど認知症対応型デイサービスに通っています。利用時間が長ければもっと利用したいデイですが・・・。入院等があったので1ヶ月ぶりの利用でした。少ない利用なのに誕生日とクリスマス、そして敬老の日にはプレゼントがあります。30人くらいの利用者がいると思いますがプレゼントの準備に大変だと思います。ご苦労様です! 認知症が高度化…
コメント:4

続きを読むread more

道の駅

昨日は道の駅に隣接する野菜レストランで大根おろしハンバーグを食べました。サラダバー、スープ、みそ汁、デザートが食べ放題です。 また農産物直売所で花オクラを買いました。食用です。女性店員に簡単で美味しい食べ方を教えてもらいました。「大人の味ですよ」と言われましたが・・んんん?初めての花オクラ、味等をうまく表現できません。 ・・・・・・…
コメント:6

続きを読むread more

胆石の暴走

昨日(8月29日)、昼食後30分頃に猛烈に右側のお腹が痛くなりました。診療時間外だったので救急外来での診察を電話でお願いしたらOKだったのでタクシーで行きました。優子さんが入院している病院です。私は前立腺肥大でも通院している病院でもあります。十二指腸潰瘍では入院の経験もあるので痛さの違いは分かります。先ずは痛みを緩和してからの検査になり…
コメント:0

続きを読むread more

優子さん入院する

8月22日(土) ショート初日でしたが高熱(39.2)のため帰されました。 ショート先やケアマネより携帯に連絡が何度もありましたが仕事中で見ていませんでした。仕事が終わった夜7時に初めてわかり、ショート先に迎えに行きました。それと同時に訪問看護師に連絡をして家に来てもらいました。クーリングをしながら一晩様子を見ました。 8月23日…
コメント:2

続きを読むread more

長い旅路

優子さんは2003年の夏にアルツハイマー病の診断を受けてから17年経ちました。とても暑い夏で病院の外ではセミが鳴いていました。今でも鮮明に憶えています。何度も書いていますが若年発症例では脳の萎縮はびまん性かつ高度であるのに対して、高齢発症例では側頭頭頂葉内側部に限局しがちだといわれています。優子さんの場合も時間の経過とともに大脳皮質の萎…
コメント:2

続きを読むread more

寝返りが出来ない

優子さんは全く寝返りができません。最近、仙骨付近と踵に軽度の褥瘡(床ずれ)ができました。人間は本来、自然な行為として自力で身体の姿勢を変えますが優子さんはできません。私が褥瘡予防のために2〜3時間おきに体位変換をするのも大変なのでベッドマットを変えることにしました。床ずれ防止用エアマットです。ある一点に体圧がかかった時に電子制御で体圧を…
コメント:2

続きを読むread more

優子さんは働きすぎ

現在1ヶ月にデイ2カ所(認知症対応と中規模24時間デイ)とショートステイを合わせて24日ほど利用しています。 優子さんは疲れています。体力の低下もありますが延長時間で利用しているデイも原因でしょう。延長時間は2時間、迎えは午前8時で帰りは午後8時前です。通常は私が仕事に行った時に延長デイを利用します。少しは延長時間を減らせるので考えよ…
コメント:0

続きを読むread more