若年性アルツハイマー病の妻と弥次喜多道中

アクセスカウンタ

zoom RSS 排泄障害 1

<<   作成日時 : 2011/05/31 15:43   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 2

●妻の排泄問題
家のトイレは下記の状態です
1. 常にトイレのドアは開いている
2. 常にトイレの電気は点いている
3. 常に便器のフタは開いている

トイレの場所を探す、便器の使い方を忘れる、ズボン・下着の着脱に戸惑う等で苦労しています。どうしても分からない時は、大きな声で私を呼びます。トイレの前で考え込んでいる時もありますが、私に助けを求めない限り介助しません。だいたいは何とか一人で解決しています。大便に関しては朝食後の習慣になっています。ウォッシュレットの操作だけ介助していますが、それ以外は自立しています。私が用事で外出している時にトイレで困っている時は何度もあるはずですが、失敗しないで必死で頑張っています。
排泄は尊厳に直結している問題ですので、たとえ排泄に介助を要してもプライドを大切にしたケアが大切と考えます。私が何度もオムツの体験しても、認知症である妻がオムツをしなければならなくなる気持ちを理解することはできません。だから安易に「オムツでもどう」と言えません。排泄の失敗が頻繁になるとプールの利用や外出も難しくなるので、妻は失敗しないように頑張っています。

尿失禁は多くのアルツハイマー病で見られます。発症から6〜7年で見られるようです。
●正常な状態
排尿:日中4〜8回、夜間0〜2回
   200〜500ccの尿を30秒以内に出せる
排便:1〜2回、1〜2日に出る。
   150〜200gの形のある便を出せて、便の水分は80%。
排尿随意調節路(ループ1)の障害に起因する蓄尿障害には、尿道括約筋の弛緩を伴った排尿筋過活動(切迫性尿失禁)と、排出障害には、排尿筋無反射(尿閉)とがある。排尿筋過活動に由来する蓄尿症状には、頻尿、尿意切迫感、切迫性尿失禁がある(過活動膀胱)。
大脳前頭葉におけるアセチルコリンの減少は、頻尿や尿失禁を招く。中枢性アセチルコリンの賦活により、認知症患者の尿失禁が改善されたと報告されている。一方、膀胱の神経終末から放出されるアセチルコリンは、排尿筋を収縮させて、膀胱圧を上昇させる作用がある。

●失禁の症状としては
1. トイレに行くのが間に合わない
2. トイレに行くのに迷う
3. 廊下や玄関などでトイレと間違え排泄してしまう(すみが多い)
4. 尿意・便意を感じない
5. ズボンや下着をおろせない
6. 便座のふたを開けずに使用してしまう
7. 便器を間違える
8. 下着を下げて排尿することの必要性を感じない

などが見られます。
これらの原因として、尿意・便意の希薄化、地誌的失見当識(トイレの場所や行き方がわからない)、着衣失行、無観念運動失行(トイレの使い方がわからない)、視空間失認(トイレを見つけられない)、感情の不安定(興奮・不穏・うつなど)、せん妄(とくに夕刻から夜間)などが考えられる。
アルツハイマー型痴呆の診断・治療マニュアル/日本老年精神医学会(2001)より
日本認知症ケア学会誌2006 vol.5 3より


練馬にある若年認知症家族会MARINEの信州旅行に参加しました。妻と二人の旅行だと病気の進行につれて気をつけなければならないことがたくさんあり、旅行を楽しむことが二人とも難しくなってきました。しかし、今回MARINEの旅行では妻にサポーターがマンツーマンで付き二人とも楽しい旅行になりました。適切なサポーターがいれば、旅行もプールもまだまだ楽しむことができます。
画像

画像

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 5
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
私たちが感じている(思っている)以上に、排泄のこと1つをとってもこれだけのことがあったのかと、のんた2号さんの熱い想いに圧倒されました。

ご本人の病気の進行やその日その日の状態によっても変わってくると思いますが、他のADLにおいても同じように考えなくてはいけないことだと思います。

私たちの支援活動の中においても、参考とさせて頂きます。

信州旅行は、お2人で楽しく過ごし、本当に良かったですね。
これからも前向きに頑張ってください。
空知ひまわり
URL
2011/06/01 05:24
空知ひまわりさんへ
MARINEに若年認知症家族会の原点を感じています。
二人とも楽しかったです。
排泄に関しては一生懸命自立を続けようと頑張っています。
私が外出している時は「オムツをした方が安心ではない?」と聞いたことがあるのですが、妻の気持ちを考えたらとんでもない質問でしたね。
のんた2号
2011/06/02 00:29

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
排泄障害 1 若年性アルツハイマー病の妻と弥次喜多道中/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる