若年性アルツハイマー病の妻と弥次喜多道中

アクセスカウンタ

zoom RSS 辛かった記憶だけ消えて欲しい!

<<   作成日時 : 2010/10/07 00:03   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

●同居していた妻の母親がガンで亡くなってから7年目にして、ようやく妻は墓参りに行きたいと言うようになりました。親戚一同が集まった葬儀後の御斎の席で、母親の看病が十分出来なかった悔しさと後悔を涙ながら話していました。妻が認知症の様々な障害を抱えながらの看病に苦しんでいることを私は十分理解していませんでした。妻が涙を流したこの日に、二人で一緒に生きられる在宅介護を続けようと決心しました。妻が妻らしくイキイキとした生活ができるように、その時々の自分ができる最善の医療とケアを提供できたと考えています。医療よりケアがより大切になってきた現在、妻の重症度に合った訪問ヘルパーとガイドヘルパーの利用内容の変更や妻が少しでも楽しめるデイサービスを捜してあげたい。
●今日はガイドヘルパーさんとプールの日でした。プールの後は風呂に一緒に入り、近くの店で食事をして帰ってきます。だいたい3時間コースです。プールで知り合った人と、今日も楽しそうに話していたと連絡帳に書いてありました。泳ぎが下手になったことも書いてありました。失禁が始まるとプールも難しくなるので少しでも失禁を遅らせる方法を模索しています。
画像
 妻の両親のお墓がある霊園からの風景

画像

今日は家事援助のヘルパーさんと料理の日で、
先週大型スーパーで買った藍染めのワンピースにエプロンで気合い十分です。ヘルパーさんは妻のできることを見極めて楽しく一緒に調理しています。
(できなくなったことをもう一度できるようにと強制しないでください。できることを継続するためのサポートで、本人の自信を取り戻すことが大切です。)


★お知らせ
NPO法人若年認知症サポートセンター主催で、専門職向けに行う研修会のお知らせ。
 ◆「若年認知症をより深く理解するために」
 ◆日時 11月13日(土)13:00〜16:30 
 ◆場所 上智大学四谷キャンパス
 ◆参加費 5000円
 ◆ホームページ NPO法人若年認知症サポートセンター
   http://www5.ocn.ne.jp/~star2003/sc/

MARINE主催の地域住民向けの若年認知症のワークショップのお知らせ。
 ◆「若年認知症ワークショップ 若年認知症を知ろう!〜地域サポーター養成講座〜」
 ◆日時 11月21日(日)13:00〜16:30 
 ◆場所 練馬区役所 20階 交流会場 
 ◆参加費 無料

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
のんたさん、こんばんは

長い間、ご無沙汰しております。
奥さんのお母さんは7年前にガンでお亡くなりに
なったのですか。

私も今回、7年前の肺ガンが再発して
7月21日に医大に入院して10月6日に
一時退院できました。
右の肺全体にガンが覆って手術が出来ないので
抗がん剤で治療しています。
先生方も、とりあえずアルツハイマーの事は
置いといて、まずはガンに専念しましょうと言っています。  
また入院します。

奥さんも色々と出来ていたものが段々と
出来なくなって辛いと思いますが頑張ってください。
のんたさんも大変でしょうが頑張ってください。
一味
2010/10/09 22:28
一味さんへ
ありがとうございます。
ごぶさたしております。とても気になっていたのですが、入院していたのですね。私の右腕だった社員も腎臓がんから両肺に転移して治療中です。同じように肺全体に広がっていますので抗がん剤治療に専念しています。時々入院して気管支をレーザー治療していますが、うまく抗がん剤が効いているようです。
ガン治療が上手くいくように祈っています。
私達も頑張ります、一味さんも頑張って!
それでは、また。
のんた2号
2010/10/10 18:20

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
辛かった記憶だけ消えて欲しい! 若年性アルツハイマー病の妻と弥次喜多道中/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる