若年性アルツハイマー病の妻と弥次喜多道中

アクセスカウンタ

zoom RSS 夏越の大祓

<<   作成日時 : 2009/06/16 22:47   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 2 / コメント 0

■若年と高齢者の違い
若年認知症の場合は、高齢者と同じ対応では無理があります。若年認知症の行動の要因として一番多いのは、心因性によるものです。つまり心の動きです。それが、若年の人と高齢者とではどう違うのでしょうか。
1. 刺激して生活を活性化するほうにもっていくのが高齢者の接し方の基本です。これに対して、若年の人たちにはエネルギーをたくさん使ってもらって、満足させて落ち着かせるほうがいいのです。高齢者とは流れが逆だと思います。
2. 高齢者の場合はその人にとって不本意なことをされても半分は許してくれます。しかし若年の人たちは絶対に許しません。きちんと名前を呼ばれたり、その人の職業にふさわしい対応をされないと怒ります。それは高齢者だってほんとうは同じだと思うのですが、若年の人の場合は、すぐに反応し、怒りとなって出てきます。ですから、高齢者の対応ができるのだから、若年の人たちに対してもできると考えるのは誤りです。
  (若年認知症とは何か/宮永 和夫監修)

画像
  湯島天神・夏越の大祓/茅の輪(ちのわ)くぐり 妻の分もくぐってきました

●「◯◯○ ホームヘルパー2級講座模擬実習ビデオ」の利用者モデルとして妻が出演しました。私は仕事で立ち会いできませんでしたが、いつものヘルパーさんでしたので緊張しないで普段通りできたと思います。この会社のヘルパー2級講座は、私が3年前に受講した同じ会社で場所も同じでした。

one point・・・・・・・・・・・・
●アルツハイマー病によって生じる機能の喪失は特定のパターンにしたがって起こり、後から獲得された能力ほど早く失われていきます。たとえば、まだ自分で衣服の着脱ができる患者に、尿や便失禁があるとすれば、他の疾患や原因によって失禁が起こっていると考えて調べるべきです。
※機能評価ステージ(FAST)/日常の行動の観察から重症度を評価するスケールで、重症度の指標となる症状が簡易に分かりやすく記載されていますので参考になります。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
認知症,認知症治療,痴呆,アルツハイマー,老人,老人認知症,若年認知症
認知症いわゆる認知症治療はいままで痴呆といわれていました。アルツハイマーも認知症の一種です。老人がなる老人認知症以外に若年認知症もあります。 ...続きを見る
認知症「痴呆」の治療法
2009/07/11 17:01
お年寄り,医療,介護保険料,0円,認知症,認知症治療,痴呆,アルツハイマー,老人,老人認知症,若年認...
お年寄りの医療・介護保険料を0円にする。認知症いわゆる認知症治療はいままで痴呆といわれていました。アルツハイマーも認知症の一種です。老人がなる老人認知症以外に若年認知症もあります。 ...続きを見る
お年寄りの医療・介護保険料を0円にする。
2009/07/15 05:24

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
夏越の大祓 若年性アルツハイマー病の妻と弥次喜多道中/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる