若年性アルツハイマー病の妻と弥次喜多道中

アクセスカウンタ

zoom RSS 最近の様子 4

<<   作成日時 : 2008/09/15 12:09   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

●海馬の働きは、不思議です。妻の海馬はどのくらいダメージを受けているのだろうか?
ほとんど消滅しているかもしれません。

9月12日
A病院の認知症病棟で紙芝居公演をしてきました。ボランティアの方が一緒です。出来映えは聞いていません。
9月13日
ユニクロへキャミソールを買いに行きました。前にボタン付きでないと前後を間違います。前に何かマークがあれば間違わなかったのですが、今はマークが邪魔しています。頭からかぶる洋服は、全て間違いやすくなりました。足からの物は大丈夫です。
9月14日
プールに行きました。妻は背泳ぎ・クロールそして横泳ぎをします。プールで横泳ぎをするのは、妻だけです。前は注目されていましたが今は誰も気にしません。横泳ぎは私より上手い。
●最近は、料理をする気力とアイディアもなくなってきました。仕事が忙しくて帰りが遅い時は、慌ただしいです。今は週2日ヘルパーさんが料理介助に来ています。18年4月から頼んでいますが同じ方です。今は、できることも大分少なくなっていると思いますが、妻はその日を楽しみにしています。とても頼りにしているようです。私もとても助かっています。私が料理をする時も、妻には手伝ってもらいます。早く調理したいので、ついつい私のペースで進めてしまいます。そんな時は妻は混乱し、出来る事も出来なくなってしまいます。病気の進行に良いはずはありません。反省することが多い毎日が続いています。
今は食器洗いと野菜の皮むき、そして和える作業等をしてもらっています。
画像
●上の3着はホダン付きキャミソール タオルハンカチと靴下は妻にせがまれて買いました。
●3〜4年間で買った料理本です。実践料理教室があれば入りたい。
アルツハイマー病になると徐々に料理も出来なくなることは知っていました。妻ができるうちに本などで勉強していたのですが、今まで料理の経験がほとんどなかったので実践になると本のようにはできません。

4〜5年前に読んだ本で塩酸ドネペジル(アリセプト)ついて気になっていたデータ。全て米国のデータです。
●長期効果
塩酸ドネペジル(アリセプト)を254週間にわたって投与しADAS cogスケールによって評価した米国のデータがあります。ドネペジルが長期に症状の進行を抑制しています。「2年で進行する症状を3年程度に、3年で進行する症状を5年程度に引き伸ばすことができます」と説明されています。
※ADAS cog(認知機能検査)
新薬の治験や薬物療法の効果判定に国際的に用いられている検査。
●ADL(日常生活動作)への効果
ADLのスケールであるADFACSの推移をプラセボ群とドネペジル群とで比較したデータでは、塩酸ドネペジルの投与によりADL機能の維持期間が72%延長したことが認められた。
●休薬期間
米国で行われた二重盲試験試験の結果によると、6週間の休薬を行うと認知機能が低下し、再開後も休薬前の状態には戻れなくなってしまう。3週間の休薬であれば認知機能は一時的に低下するが再開によって休薬前のレベルに戻っている。
「よくわかる アルツハイマー病 永井書店」より
にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
のんた2号さん。こんにちは。
そうですよね、ゆっくりゆっくりとご本人のペースで行うとできることが多いです。でも、待てなくて、ついつい、自分のペースでやってしまいます。
また、おじゃまします。ご自愛のほどを。
ゼニーです
2008/09/18 08:34
ありがとうございます。
今日は、資源ゴミの日。
それに朝は、シャワーを浴びました。
てんてこ舞いの、いつもより大変な日でした。
妻のペースで自由に進められれば、ほとんど混乱もなく出来ることも多いです。最近は、プレッシャーをかけるとトイレに逃げ込みます。トイレがリセットの場所かもしれません。でも、そろそろ過度のストレスを与えないようにしないとだめですね。
のんた2号
2008/09/18 16:10

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
最近の様子 4 若年性アルツハイマー病の妻と弥次喜多道中/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる