若年性アルツハイマー病の妻と弥次喜多道中

アクセスカウンタ

zoom RSS ちょっと気になっていたデータ

<<   作成日時 : 2008/09/02 23:55   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 7

●一休みしては?/仕事仲間のG・デザイナーが趣味で撮っています
http://torus8.net/

●以前読んだ本で、その後の研究成果があれば知りたい。
シナプスでのアセチルコリンの寿命を長くするために、アセチルコリンの分解酵素、アセチルコリンエステラーゼの阻害剤が考えられました。塩酸ドネペジルはその一つです。この薬は、痴呆の進行を抑える働きをするものですが、最近は、神経細胞が死んでいくのを抑える作用があるのではないかともいわれ始めています。というのは、試験管のなかでの実験データですが、アセチルコリン受容体の作動薬を添加しておくと、神経細胞がアミロイドベーターの毒性で死ぬはずが、死ににくくなるというのがわかってきたのです。
「岩波科学ライブラリー98」 2004.4 発行
「脳と心に効く薬を創る 鍋島俊隆著」より

●アリセプト10mgの服用は、色々試してみたのですが副作用で断念しました。5mgでは問題ないので7.5mgで様子をみることにしました。(包丁で1/2と1/4で切っています)
薬の副作用には、とても注意が必要です!!

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(7件)

内 容 ニックネーム/日時
お世話になっています。
薬については相当に慎重にならないといけませんね。同感です。
妻の診断が降りてから一番初めに行った病院で処方されたもので妻は急激な症状が出ました。うつ症状が強く自殺企図があったために出された薬でした。呑みだしてから出てきたそれはまったくの認知症の症状そのものでした。検査機関ではごく初期段階であるから、ということだったのですがとても装とは思えなかったですね。夫婦して病気をしたことが無く病院にいったことが無かったので、初めて大病をした、という点で医者を信じきってしまったわけです。

知り合いに指摘されて病院を変えてから、やっと落ち着いて向き合えるようになって現在です。若い主治医ですが妻は信頼押しており、納得しながら服薬中です。

少しでもおかしいと思うことは守ってやらないといけませんのでその点では貪欲に情報がほしいですね。
M
2008/09/06 09:57
Mさんへ
ありがとうございます。
ちょっとした副作用も、本人には辛いようです。体調が悪い時も、前より精神に悪影響を及ぼすようになってきました。また、論理的な話し方や、動作の手順を一度に説明すると理解が困難になり混乱する頻度が多くなってきました。
私の見極めと対応が、大切になってきました。

病院は3軒目です。1軒目はうつ病の診断でしたので誤った治療と服薬でした。2軒目の先生は、とても優秀で診察も丁寧でしたが相性がもう一歩でした。今の先生は、妻と同い年で気があい、また信頼もしています。妻と同じ目線でよく話しを聞いてくださり、いつも励まされて元気をもらっています。本当に主治医を信頼できることが、とても大切ですね。
何とか「この辺で進行が止まって」と願っているのですが・・・・。
米欧のように、もう少し薬の選択肢がほしいですね。
のんた2号
2008/09/07 00:16
はじめまして、随分前から、読ませていただいていましたが、コメントするのは初めてです。
いつも、本当に参考になる記事をありがとうございます。若年発症の方を見ておられる介護者さんに、情報をお送りしています。

「ちょっと一休み!」させていただきました。
最近のアルバムが琵琶湖をめぐるもので、うれしくなりました。
この地に住んで、約30年。八幡掘りは大好きな所の一つです。ありがとうございました。

先日、松本一生先生のお話を聞く機会がありました。時間がなく時期を聞くことができなかったのですが、メマンチン、リバスチグミン、ガランタミンが近い内に発売されるとおっしゃっていました。選択肢が少し増えるでしょうか?
早く、よい薬が出ることを願っています。
jun
2008/09/10 20:08
junさんへ
ありがとうございます。
以前より米欧で使用されている3つの薬も、ようやく国内での治験も終わったと聞いております。後は承認を待つだけですので、もうすぐでしょうね。
これで、アリセプトの効果がない患者や副作用があって服用出来ない患者には、選択肢が増えることになります。
妻には、メマンチンを試してみたいです。
また、よろしくお願いします。
のんた2号
2008/09/11 00:50
のんた2号さん、はじめまして(^^)
『アルツハイマー病.com』を運営している木下と申します。

貴サイトを紹介してもよいか確認したく
直接コメントさせていただきました。

実際に病気を患った方の日記や協会、サイトなどを掲載することで
同じ悩みを持つ人たちの助けになると考えております。

御了解頂けるようでしたら、
折り返しリンクの掲載方法の詳細をご連絡差し上げます。

ご多忙かと思いますが、
何卒よろしくご検討お願いいたします。
mail☆arutuhaima.com
アルツハイマー病.com
URL
2008/09/14 14:09
薬の副作用は、薬の説明書に書いてある以外の症状を見せる場合があります。ちょっとの変化を見逃さずに相談できることが、理想だと思います。

先生との相性は、やはり大切だと思います。本人とはもちろんですが、家族との相性にもいえます。私は仕事上で家族・本人の代弁をする事があります。仕事上とはいえ、相談に行く一歩を踏み出す勇気が、必要なときがあります。

仕事がらみですが、介護予防講座、認知症サポーターの養成に係わることがあります。のんたさんのお話が私にとりとても励みになり、参考になっています。ありがとうございます。

台風がUターンをして日本に向かっています。その影響からか、明日からお天気が少し崩れる様です。せっかくの十五夜・満月・十六夜の月が見れるかな・・・と心配しています。

のんたさんの所では、いかがでしょうか。
奥様とお月見されますか・・
ぷー
2008/09/14 20:40
ぷーさんへ
ありがとうございます。
お元気ですか?
認知症の方は、体の不調が精神症状に、心の不調が行動に現れる場合があると言います。薬の副作用にとても敏感でもあります。訴える事が難しいので、発見が遅くなります。
注意が必要ですね。
早速、ベランダから月を二人で見ました。天気もよく、とてもきれいに見えました。
こちらこそ、いつもありがとうございます。
無理せず、がんばってください。
のんた2号
2008/09/15 13:40

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
ちょっと気になっていたデータ 若年性アルツハイマー病の妻と弥次喜多道中/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる