若年性アルツハイマー病の妻と弥次喜多道中

アクセスカウンタ

zoom RSS 夕陽に感動!

<<   作成日時 : 2011/10/21 21:25   >>

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 8

19日の夕陽です。妻が「ワァー、ワァー、スゴーイ」と叫んでいました。怖くなるような素晴らしい夕陽でした。妻は一生懸命に表現したい言葉を探しますが見つからないままの「ワァー、ワァー、スゴーイ」になりました。日常会話は何とかなっていますが、自分の思いを表現するのに苦労しています。表現したい言葉を探し続けていると吐き気と軽い呼吸困難になってくるようです。どうしても無口になってしまいます。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
今日は3年程前に地元の若年認知症の集いで知り会ってから交流を続けてきた娘さんのお母さんの通夜に行ってきました。娘さん夫婦は東京から引っ越してお母さんの介護を娘さんが中心になってしていました。私が勝手に詳しいことを書けませんが、毎日通っていたデイサービスで17日に亡くなりました。原因はおやつの白玉を喉に詰まらせた窒息死でした。腹が立って、悔しくて、とても哀しい出来事です。
画像

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
こちらではご無沙汰しています。
こんばんは。
キレイな夕日ですね!写真集に載っていそうなほど、素晴らしいです!
優子さん、言葉が出ない事がストレスになってしまっているんですね。
もどかしさが伝わります。
例えば言葉が違っても(例えばキレイがおいしいなどに間違われても)良いくらいにもっと楽に構えて、どんどん表現していって欲しいなと思いますが、そうゆう「妥協」は、よくないのかな…でもあまりむりしないで。

お亡くなりになったお母様の件、詳細は分からないので家族側の一方的な意見になってしまいますが、非常に信じ難く、残念で、悲しいです。
白玉や餅など注意が必要と分かっているもので、安全対策が取れていなかったとかスタッフの意識が足りなかったとかだったのだとしたら、許せません。
今はただただお母様のご冥福を心よりお祈り致します。
シマ(´ v`)
2011/10/22 03:59
介護での事故、と思うと非常に残念です。
ただただご冥福をお祈り致します。

素晴らしい夕陽ですね。
心が癒されます。
空知ひまわり
2011/10/22 06:45
のんた2号さま
お久しぶりです。
主人の場合、意味性認知症のため初期の頃から言葉の障害があり日常会話も困難です。
真っ赤な夕日を見たときは、わぁー凄くボロボロになってるねと喜んでいました。
表現する言葉がわからないので擬音語や擬態語が多いです。
最近は「おじゃまします」も「有難うございました」も「いただきまーす」と元気よく言います。
最初の頃は間違いを指摘したり教えたりしていましたが、診断されて5年近くなった今は好きなように言わせて、私が勝手に解釈しています。
自分でも間違っているとわかっているようで、すぐに笑って誤魔化します。
16日に笹川のつどいに行き、片山先生の講演を聞いてきました。
もしかしたらのんた2号さんと奥さまも参加されておられるかなと思っていましたが、お会いできず残念でした。
いつかお会いできる日を楽しみにしています。
シマウマ
2011/10/22 13:19
シマさんへ
ありがとうございます。
夕陽の撮り方が分かりませんでした。どういう設定なんでしょうか?写真は見るのは好きで、大昔は写真集も買っていました。
嚥下の問題を考えたら、何故進行している認知症の方に白玉はありえないと思うのですが。防げる事故で、腹が立って仕方がない。妻の利用を考えて一度見学したことがあるデイです。言いたいことはありますが、今はお母さんのご冥福を祈りましょう。
のんた2号
2011/10/22 17:56
空知ひまわりさんへ
ありがとうございます。
妻は夕陽と雲と稲光が大好きです。オーロラを実際見たことは見たいようです。私はあまりの色に天変地異を予感して怖かったです。
ちょっと元気のある若年認知症の方にとって私の住む地域は利用できるデイをさがすのが困難です。
市のかけ声と末端ではかけ離れています。
のんた2号
2011/10/22 18:05
シマウマさんへ
ありがとうございます。
ご無沙汰しておりましたが、元気そうで何よりです。
アルツハイマー病は脳全体が萎縮して行きますが、特に妻の場合は頭頂葉と左側頭葉の萎縮が際立つようです。
笹川に行ったのですか?どうでしたか?
勝田さんからはお誘いがあったのですが、考えているうちに時間が経って返事をしないままになってしまいました。1年前も片山先生でした。2泊3日で片山先生から色々と教えてもらいました。私は大好きな先生で、会いたかったですね。
シマウマさんともお会いしたいですね。ぜひご主人とご一緒に家に遊びにきてください。
地元で認知症の本人・家族が気軽に立ち寄れるサロン作りも計画しています。
よろしくお願いします。
のんた2号
2011/10/22 18:16
のんた2号さま。

ありがとうございます。
笹川は初めての参加でした。
今までこのような会に参加した事がなかったので、思い切って参加して気が楽になりました。
片山先生はとてもお優しい先生でみんなの人気者でした。

先生の講演を聞きに、映画「折り梅」の原作者の小菅もと子さんがいらしていました。
後日、偶然にもお会いする機会に恵まれ主人は一緒に写真を撮ったり歌を歌ったり楽しそうに過ごしました。
私も相談にのっていただいて嬉しかったです。

主人が病気になってから、ふと気が付いたら周りには誰もいなくなってしまいました。
兄弟、親戚、知り合いが次々と疎遠になりましたが幸いにも親友がいつも気にかけてくれています。
でも、病気のおかげで新たな出会いがある事を知り救われました。

今月から有休に入り時間の使い方に悩んでいます。
お近くならばのんたさんのお宅にお邪魔したいのですが、遠いのです(涙)
でもいつか必ずお会いしたいと思います。
私の住む町は田舎で若年性認知症に強い偏見があり、会も活動もありません。

これからは色んな所に参加してみようと思います。
また色々と教えてください。
シマウマ
2011/10/22 22:39
シマウマさんへ
ありがとうございます。
やはり笹川に行くんでしたね。
もう、声がかからないような気がします。どちらにせよ勝田さんに連絡すべきでした。反省です。
気にかけてくれる親友がいるのは嬉しいですね。妻にも何人かいます。
偏見は何処にも誰にもあります。医師にも、専門職にも、私にもありました。若年認知症の家族会で本人と接する中で、また妻と向き合って生活して行く中で私は変わって行きました。
お住まいは、遠いのですか。残念ですね。
機会がありましたら、お会いしましょう。
何かありましたら、遠慮せず書き込んでください。
それでは、また。
ご主人によろしくとお伝えください。
のんた2号
2011/10/22 23:45

コメントする help

ニックネーム
本 文
夕陽に感動! 若年性アルツハイマー病の妻と弥次喜多道中/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる