若年性アルツハイマー病の妻と弥次喜多道中

アクセスカウンタ

zoom RSS 病気になる前に戻りたい!

<<   作成日時 : 2011/06/12 19:01   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 6

「私、何も悪いことをしてないのに、何でこうなってしまったの」
「友達が仕事やボランティアで活躍したり、また趣味を楽しんでいるのに、自分だけが取り残されているようで悔しい」
「もっとできると思ったのに簡単なこともできなかったことが悔しい」
「病気以前に戻って、仕事やボランティアを続けたい。本をもっともっと読みたい」
私は妻の認知症に慣れてしまい、最近妻がどんな思いで認知症と向き合っているのか深く考えることをしていませんでした。妻は一生懸命に言葉を探しながら、インタビューに答えていました。帰った後も久し振りに妻の思いをゆっくりと聞くことができました。「悔しさ」と「諦めきれない」気持ちがとても強いことが分かりました。訪問ヘルパー、ガイドヘルパー、ボランティア、デイサービスと様々な支援を受け入れていますが、でも出来なくなっていく自分が悔しいのです。
妻が通っているデイで落語絵本の朗読をしました。私は隣で話に合わせてボードをめくり、また言葉に詰まった時に台詞を妻に教える役目もあります。特訓の効果があり、上手く演じることができました。皆さんに喜んでもらい妻はとても嬉しそうでした。文字が読めなくなって2年、短期記憶の障害も顕著ですが、まだまだ何とかなりそうです。
画像

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
要介護 3 の方も言葉が出てこない時など「こんなになっちゃって・・辛いよ」と、よく言われます。
だからこそ、普通に接していきたいと思います。
朗読会などできることを維持していけるといいですね。
私もそれぞれの入居者さんにできることを考えていきたいと思います。
坪井@ゆず
2011/06/12 22:08
坪井さんへ
ありがとうございます。
大変でも、一人ひとりの望むことをかなえてあげたいですね。
いつもの活躍、楽しみにしています。
それでは、また。
のんた2号
2011/06/13 18:47
NHKの取材を受けられながら、多忙な日々を送られていることと推察致します。

奥様の落語絵本朗読「まんじゅうこわい」、今でも私の脳裏に鮮明に残っています。

あの声、迫力、そして何よりも奥様の表情は決して忘れることの出来ない1つの出来事でした。

私たちも、日々の活動において、それぞれ分野は違いますが、ご本人がやりかたい事、したい事をこれからも支援していきたいと思っております。
空知ひまわり
2011/06/14 06:42
空知ひまわりさんへ
ありがとうございます。
2〜3年前頃までなら声色も変幻自在でした。以前の取材の時にNHKのアナウンサーの方にも絶賛されたのですが・・・。
中村さんに対する支援は、普通だから素晴らしいです。
デイでは、自分の居場所がなくて眉間にしわが寄っています。何とかしてあげたいです。

のんた2号
2011/06/15 00:28
こんばんは!
私は奥様の立場だから よくわかります。昔はバリバリ働いていたのに…
でも のんたさんの 献身的な 奥様に対する言動には頭が下がります。
いつもお疲れ様です。
体調には くれぐれもお気をつけください。
それではまた。
ぶるぅキャット
2011/06/17 23:42
ぶるぅキャットさんへ
ありがとうございます。
妻に限らず若年認知症の方は、男女問わず全てにおいて現役世代ですね。
いつも優しいわけではありません。一方的に、私が怒る場合がほとんどです。妻は自分が病気になったことが原因と落ち込みます。その時は反省するのですが・・・。
まだまだ未熟です。
のんた2号
2011/06/18 23:11

コメントする help

ニックネーム
本 文
病気になる前に戻りたい! 若年性アルツハイマー病の妻と弥次喜多道中/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる