若年性アルツハイマー病の妻と弥次喜多道中

アクセスカウンタ

zoom RSS 前頭側頭葉変性症の基本を学んでみよう 1

<<   作成日時 : 2011/04/19 11:52   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 1 / コメント 8

ドイツの精神医学者であるアーノルド・ピック氏が、1982年に言語障害、記憶障害と意欲低下の臨床症状を呈し、剖検下肉眼的に左側頭葉の限局性萎縮を認めた71歳の男性を報告したことに始まります。

現在、前頭側頭型認知症、意味記憶障害型認知症、進行性失語型認知症の3つを総称して前頭側頭葉変性症とよぶことになっています。ピック病というのは、この3つの認知症の原因となるもっとも多い疾患です。FTDの頻度はADの約1/3といわれ、ADに比べて発症年齢が若く、女性より男性が多い。
FTDの初期においては、記憶障害が余り目立たず、主に人格変化がみられます。そのため、しばしば統合失調症や躁うつ病、更年期障害などと間違われたりもします。また、言葉の意味がわからなくなったりすることで、見かけ上は記憶障害があるようにみえるため、ADと間違われることもあります。FTDでは初期から病識がないため、受診や通院などが困難になる場合があります。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
前頭側頭葉変性症(FTLD)
1. 前頭側頭型認知症[前頭葉優位](FTD)
  A 臨床類型
   1)脱抑制型
   2)無欲型
   3)常同型
  B 病理類型
   1)ピック型
   2)前頭葉変性型
   3)運動ニューロン疾患(MND)型
2. 意味記憶障害型認知症[側頭葉優位](SD)
3. 進行性失語型認知症[前頭・側頭・(頭頂葉)](PA)
           
前頭側頭型認知症[初期〜中期]のチェックリスト
1. 状況に合わない行動
場所や状況に不適切と思われる悪ふざけや配慮を欠いた行動をする。
また、周囲の人に対して無遠慮な行為や身勝手な行為をする。
2. 意欲減退 
引きこもり(閉じこもり)、何もしない(不活発)などの状態が持続し、改善しない。
思い当たる原因は特になく、本人の葛藤もみられない。
3. 無関心
自己の衛生や整容に無関心となり、不潔になる。
また、周囲の出来事にも無関心になる。
4. 逸脱行動[脱抑制]
万引きや痴漢などの軽犯罪を犯す。しかし、自分が行ったことの意味を理解できず、反省したり説明したり説明することができないとともに、同じことを繰り返す。
5. 時刻表的行動
日常生活の様々な行為(食事や入浴、散歩など)を、時刻表のように毎日決まった時間に行う。この際、止めたり、待たせたりすると怒る。
6. 食べ物へのこだわり
毎日同じもの(特に甘いもの)しか食べない。
制限なく食べる場合がある。
7. 常同言語[滞続言語]、反響言語
同じ言葉を際限なく繰り返す。また、他人が言った言葉をオウム返しする。他人が制止しても一時的にしか止まらない。
8. 嗜好の変化
食べ物の嗜好が大きく変わる。(薄味を好んでいたのが、突然、甘味・酸味・塩分・油を好むなど)。
アルコールやタバコなど、以前の量を超えて毎日大量に摂取する。
9. 発語障害[寡言、無言]、語義失語
無口になったり、語彙(ごい)が少なくなる。
ハサミやメガネなどを見せて尋ねても、名前や使い方がわからない。
10. 初めは記憶や見当識は保持
最近あった身の回りの出来事などに対する記憶は保たれ、日時も間違えない。
外出しても道に迷わない。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
※3個以上該当する場合、前頭側頭型認知症が疑われます。
また、4,5,7,9,の1項目でも該当すると前頭側頭型認知症の可能性があります。

若年認知症の臨床、りんくる2008.20他より宮永氏の文章より引用しています。
(宮永和夫/南魚沼市立ゆきぐに大和病院院長、若年認知症サポートセンター理事長)

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
moncler ポロシャツ
前頭側頭葉変性症の基本を学んでみよう 1 若年性アルツハイマー病の妻と弥次喜多道中/ウェブリブログ ...続きを見る
moncler ポロシャツ
2013/11/27 05:01

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
うちの母が前頭側頭認知症と診断されました。
この内容のように、本人が更年期障害だといろいろな症状を訴えていたので、更年期障害みたいな症状とその症状に対して神経質になっていると思っていましたが、時刻表みたいな行動をするので、おかしいと思い検査入院
をさせたところ、そういう結果がでました。
この病気の知識がまったく無く、検索していたらこのブログに出会いましたが、わかりやすく、チェック項目をみたら、「まさに」母の症状でした。
とんきち
2011/09/03 08:02
とんきちさんへ
ありがとうございます。
お母さんは、お若いのでしょうか?
確かに更年期障害と似ている面もありますから間違いやすいかもしれません。
ブログが少しでも役に立てて良かったです。
これから対応で難しいことも多々あろうかと思いますが、あまり先回りせず、少し前を歩くか並走する感じがよいような気もします。
私が参加している若年認知症の家族会にも多くの前頭側頭認知症の本人や家族が参加されています。
何かありましたら、私の分かる範囲でお答えします。
よろしくお願いします。
のんた2号
2011/09/03 12:23
コメントありがとうございます。
母の診断結果を聞いたのは一昨日なので、正直、まだ私自身の気持ちの整理ができていません。
知識もまったくなく、PCで検索ばかりしちゃって、まだ気が動転してます。
母は、69歳です。心療内科に6年ほど通っていて、いつの頃か薬をもらっても症状は安定しない、良くなるどころか悪くなるばかり、大きな病院の為、先生はコロコロ変わるし、相性の悪い先生に当たってから特に悪化して、今回、先生が変わった頃から、母が先生に話す内容が何時に○○しないといけないのに、できなかったとか…話す内容に疑問を受けたのか、家族が呼ばれ、私も「薬を飲んでるのに悪くなるばかりで改善しないのはどうして?」と訴えたら精神科の先生に相談してみますって話になってやっと今に至るって感じだったので、母が更年期障害だと先生に訴えてきて、産婦人科にまわされ、異常がでないから躁鬱病や自律神経失調症とかと診断していたんでしょうね。
まさに人格や行動が変わってから、私達もおかしいと思いだしたので、このブログの内容通りですよね。
とんきち
2011/09/04 03:00
とんきちさんへ
障害が顕著になる頃は、ある程度進行している状態でしょうね。前頭側頭認知症は若年の方がほとんどで(65歳以下が80%と言われています)、特に初期の頃は、うつ病や統合失調症ともよく誤診されます。どちらにお住まいかは分かりませんが、若年認知症の家族会があれば参加されたらいかがでしょうか?前頭側頭認知症の治療やケアを深く理解している医師や専門職は少ないと思います。同じ認知症の先輩介護者の話しを聞くことが、とても参考になる場合もあります。
ある程度の若年認知症家族会の情報は持っていますので、お知りになりたければ書き込んで下さい。
よろしく。
のんた2号
2011/09/04 18:42
のんた2号さんへ
何度もメールありがとうございます。
69歳だと若年認知症になるんですか?
私は名古屋に住んでいます。
やっぱり前頭側頭認知症は治療やケアを深く理解している医師や専門職が少ないんですね。
この病気の事を知れば知るほど不安がつのり、特に言葉の障害が乗り越えていけるかが不安になってます。
乗り越えなきゃいけないので、前を向いて進まなくちゃといいきかせています。
どう乗り越えるかは、やっぱり先輩介護者のお話を聞くのが一番ですよね。
もし情報がありましたらよろしくお願いします。
とんきち
2011/09/05 13:55
何度もメールごめんなさい。
自分のことばかりのコメントでごめんさい。
うちの母にまだ病気のことを隠しています。
病気の事は、本人に言った方がいいんですか?
結果を聞きに行ったとき「私は頭がバカになるの?」と不安そうに何度も聞くし、母の性格上、とりあえず内緒にという事で話していませんが、ずっと隠すというわけにはいかないんですよね?
今、こうやって話せるのはのんたん2号さんだけなので、ごめんなさい。
とんきち
2011/09/05 14:08
とんきちさんへ
18歳〜64歳で発症するのを若年認知症といいます。
おかあさんの発症の時期は65歳の頃に近かったのではないでしょうか?私の知る限り名古屋に若年認知症家族会はありませんが、全国組織の愛知県支部はあります。下記がアドレスです。(私も会員で、地元の若年の集いには参加しています。)
http://www.hearttoheart.or.jp/kazoku/yakudachi/index.html
医療やケアそして家庭のフォローができて告知すべきという考えもありますし、本人の知る権利を尊重して告知すべきと言う考えもあります。どちらにせよ、お母さんの性格を考えて判断すべきと私は思います。告知する以上、家族は本人や病気と向き合う覚悟も必要になります。
主介護者は「とんきちさん」だけなのでしょうか?
のんた2号
2011/09/05 23:26
のんたん2号さんへ
いつもコメントありがとうございます。
そうですよね。私も、病名が今になって分かっただけで、発症の時期はもっと早かったんだなと後になって思いました。
告知は、やっぱり母の性格を考えて判断した方が良さそうですね。医療やケア、家族のフォローができて、私達がしっかり母の気持ちを受け止めれるようになってにします。
私は結婚して家を出ていますので、主介護者は父になります。私も家まで車で5分ぐらいのところに住んでいるので、一緒に介護していきます。
若年認知症家族会のアドレスありがとうございます。
早速、見てみます。 
いつもありがとうございます。

とんきち
2011/09/06 13:27

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
前頭側頭葉変性症の基本を学んでみよう 1 若年性アルツハイマー病の妻と弥次喜多道中/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる