若年性アルツハイマー病の妻と弥次喜多道中

アクセスカウンタ

zoom RSS 雑感。

<<   作成日時 : 2010/04/12 23:49   >>

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 14

●今日は4回目の介護認定調査日でした。現在は要介護2ですので3になるかどうか?

●団地の中庭を散歩しながら、色々と将来のことを話し合いました。妻が意思表示ができる間に聞いておくべきことは沢山あります。
去年、妻の妹に私が病気で入院した時と、事故や病気で妻より先に死んだ時のことを簡単に相談してあります。今年中にはお金と施設問題を具体的に相談して決めておきたいと考えています。私の兄弟3人がガンで亡くなっているので、ガンもちょっと気になります。妻がアルツハイマー病の診断を受けた年から、妻と一緒に禁煙を始めました。私が1日70〜80本、妻が1日20〜30本のヘビースモーカーでしたが、医者や小道具の力も借りずに決心した翌日から禁煙できました。また、毎晩の深酒も止めました。どんなに注意しても先の事故や病気のことは分かりませんが、何とか妻より長生きをして看取ってあげたいと思っています。
病気を発症する以前、深夜くわえタバコで仕事や読書をしていた妻の姿を想像できないほどの落差がある此の頃です。

画像
 リビングのソファに座って見える景色

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(14件)

内 容 ニックネーム/日時
看取りまでついていてやりたい。
のんた2号様の心境・覚悟は、介護を抱えている家族に共通のせつなる願いですね。

私の場合、母の介護を親身に引き継いでくれる存在がいなかったので「私が生き残ること最優先」でやってきました。
夫は、「母の介護」より「妻の心身の健康」最優先で行動してきたように思います。

介護が終わった後に私が心身ともに健康でいられたら、介護体験をまとめてみたいという気持ちはもっていますが・・・
今は、まず「やり遂げること最優先」です。
miki
2010/04/13 10:34
こんばんは
のんたさんが、奥様をどれだけ大切に思われているか伝わってきました。
うちの父は、余り長くない、ポックリ逝くと思う、などと言っています。まさかの事態も想定して、動けるうちにやっておかないとと思いました。
何があるかわからないですものね。

のんたさん、奥様も、事故なく、どうか健やかに過ごされますよう…
シマ(´V`)
2010/04/13 19:55
お身体大切にしてください。
一度、がん検診を受けられた方がいいと思います。
私の主人も長年の飲酒とヘビースモーカーを通り越したチェーンスモーカーでした。
咽頭癌が見つかった時、「あと半年早く受診していれば・・」と言われました。
どうぞ、安心して介護を続けられるように健診を受けてください。
私は、共同生活のできる家を作ろうと動き始めました。
そのために、私も自分の健康を第一にしていきたいと思います。
坪井@ももとはなの家
URL
2010/04/13 20:46
mikiさんへ
ありがとうございます。
妻が病気を発症するまで、自由にいい加減に生活できたのは妻のお陰です。
今度は私が頑張る番と思っています。
今しかないですものね。
のんた2号
2010/04/14 00:01
シマさんへ
ありがとうございます。
最近はシマさんに教えられています。
お母さんを大切に思う気持ちは、私にも通じています。
ぜひ、彩星の会に遊びにきてください。
来月は、「ほしまつり」のイベントがあります。
よろしく。
お互い健康に気をつけましょう!
のんた2号
2010/04/14 00:08
坪井@ももとはなの家
ありがとうございます。
私は4月3日で「60」になりました。
短い期間でしたが厚生年金の受給手続きに行ってきました。
家に帰るのは週末だけという酒に超多忙な生活でした。
どんな「共同生活」なんでしょうか?とても興味あります。また情報をお願いします。180cm/80kgの体格で、力を持て余しています。体力が必要な時は、ご一報を!求職活動中です。
よろしく。
のんた2号
2010/04/14 00:20
こんにちは!
奥様の事を 本当に大切にされている事が伝わってきました。

私もベビースモーカーでしたが、最近は本数をかなり減らしました。私も色々考えることはありますが 止められません。

4月3日が誕生日だそうで…
おめでとうございます!

私の母は、6月で65になります!長生きして欲しいです。
のんたさんも、奥様の為にも長生きして下さいね!
ぶるぅキャット
2010/04/14 16:31
ぶるぅキャットさん
ありがとうございます。
体調はいかがですか?
10代の時は、60まで生きるなんて考えてもいませんでした。夭折の詩人にあこがれがありました。

私は親孝行しませんでしたので、ずーと後悔しています。
母はリューマチで30年くらい寝たきりだったのですが、帰省して私たちが帰る時、いつも泣きながら見送っていました。親には長生きしてほしいですね。

娘さんは元気ですか?
ぶるぅキャットさん、がんばろうね!
それでは、また。
のんた2号
2010/04/14 21:51
のんた様 おじゃまします。
私は主人の病気がわかった頃、何度も寿命が縮む思いをして、先の不安から早く死にたいと思いました。
でも今は、自分が健康で長生きしなくてはいけないと思っています。
去年から運動を始め、少しだけイライラを解消できるようになりました。

主人も一日50本は吸うヘビースモーカーでしたが、50歳の時にやめました。
私が咳き込むことが多くなったからです。
その後、この病気になって周囲はタバコをやめさせたストレスでボケたんじゃないか・・・と言いました。
病気の原因がわかっていないので反論もできず辛かったです。
でも、もし肺がんにでもなったら周囲はなぜ早くタバコをやめさせなかったのか、と言うのかもしれませんね。
やっぱりタバコはやめて正解です。
シマウマ
2010/04/14 22:26
服薬について

勧めてくれる人があって、内心藁にもすがる思いというか付き合いもあるし、というような心境になってあるものを投与しました。米ぬか系統のものですが、結果がまずかった。身体が固くなってパーキンソンのような動きをしています。一時は表情が良くなって効いたように思ったのですが・・・抜薬中です。
なんにしても、焦りは禁物ですね。

情報は、ありがたく拝見しております。


M
2010/04/15 04:28
シマウマさんへ
ありがとうございます。
タバコを止めたストレスで病気になるようなことは全くありません。
無責任な言動が家族を傷つけます。
介護者が自分自身のために少しでも楽しくリフレッシュすることは大切です。介護者が先に倒れたら全て終わってしまいます。だんだんと自分の感情をコントロールできていますが、まだまだイライラすることもあります。仕方ないことです。
それでは、また。

のんた2号
2010/04/15 08:44
Mさんへ
ありがとうございます。
健康食品等の改善事例は、私にとってブラックボックスです。
ほとんどの物は試しています。
処方以外のものは、ビタミンCとメマンチン(個人輸入)です。シンプルにしました。
原因は別と思いますが、歩けない立てない現象がありましたので「シンメトレル」を処方してもらいました。ほとんど改善しました。常にストレスで身体も緊張しています。それで筋肉も固くなっているようです。プール等の全身運動でリラックスが大切です。
タクティールケアはご存知ですか?何度かボランティアのかたに試してもらいましたが、本人はとてもリラックスできるようです。機会があったら習得したいと思っています。
まずは精神的ケアが大切と主治医に言われました。
がんばりましょう!
のんた2号
2010/04/15 08:58
はじめまして。
主人も4月3日が誕生日です。59歳になりました。
50歳のとき異変に気づき(今から思うとその2〜3年前から兆候あり。主人の日記には49歳の10月に「最近もの忘れが多い」との記述あり。)、受診を勧めてCTを撮りましたが異常がなく、うつ病(仮面うつ病による仮性痴呆)と診断されました。
その後くわしい検査をして、52歳の9月に若年性アルツハイマーと診断され、現在要介護1です。(次回の認定では2になると思います。)
病気の進行は比較的おだやかでしたが、最近急激に悪化してきたようで、失認、失行が目立ってきました。
不安感のためか、依存、抑うつ、暴言などが出ています。
本人の希望を第一に考え、4年間通ったデイサービス(週1回)も半年前にやめ、片時も離れられない状況です。先月から週1回、介護サービスによる散歩をお願いしていますが、本人は気がすすまないようです。
介護者自身の健康が第一とわかっていても、病院にも行けない状況をなんとかしなくては・・と思うのですが、眉間のしわがこれ以上深くならないように、ため息星人にならないように、突然の怒りの発作を起こさせないように・・と気を遣ってばかりです。
普段はおだやかでやさしいのですが、時折豹変するので気が抜けません。本人が一番つらいのでしょうから、何とか少しでも楽しいことを見つけたいと思うのですが・・。
長くなって申し訳ありません。これからもヒントをいただきにお邪魔させていただきます。
anima
2010/04/15 23:47
animaさんへ
ありがとうございます。
私が知っている中でも、とてもゆっくりな進行だと思います。
初期診断は妻と同じです。
同じように妻も不安と焦燥がとても大きくなっています。
暴言などはありませんが、抑うつ症状は深い時がよくあります。やはり眉間にしわを寄せてじっと座っています。そんな時は、だじゃれで笑わせようとしますが反応しません。薬でも改善できませんでしたので止めました。
男性患者の方は奥さんの側から片時も離れないという話は、よく聞きます。家族会でも奥さんの姿が少しでも見えなくなると、とても不安な表情をされます。
私たちの想像を超えた不安や恐怖がストレスになっているのを、解消するのは不可能ですね。少しでも軽減できるようにケアの方法を考えたいと思っています。
もし、私が認知症だったら同じような行動をとるような気がします。
気の使い過ぎは本人にも分かりますので、もう少し自然体がよいのではと思ったりもします。何か一緒に始められることはないですか?
遠慮せず色々と情報をお願いします。
若年認知症の悩みは皆さん同じなので、一緒に考えましょう。
それでは、また。
のんた2号
2010/04/16 19:53

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
雑感。 若年性アルツハイマー病の妻と弥次喜多道中/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる