若年性アルツハイマー病の妻と弥次喜多道中

アクセスカウンタ

zoom RSS アルツハイマー病を発症してから始めたプールの利用

<<   作成日時 : 2010/03/23 22:59   >>

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 2

●狭い家の中で迷うのに、プールに行く道順は間違いません。不思議です。
2年前までは一人で通えたスポーツクラブですが、現在は全てにサポートを必要としています。妻がスポーツクラブに姿を現すと受付から携帯でいつもサポートしてくれるスタッフが呼ばれます。更衣室でのロッカー使用、着替え、お風呂のサポートそして使用後の下着や水着等を確認しながらバッグにつめてくれます。5、6年前と比べて身体能力は衰えていませんが、プールでの様々な運動を私の指示なしには出来なくなりました。また他人の真似をして運動することも難しくなりました。プールには利用ルールがあって、1つのレーンでは水中ウォーキングや水泳は必ず右側通行です。妻の場合、最初は右側を水中ウォーキングしているのですが、だんだんと中央に寄ってきます。また道路でも同じで、一人で歩道のない道路を歩くのは危険になってきました。それでもプールに行くのを楽しみにしています。私の知らない利用者さんから励ましの声をかけられたり、またプール脇のジャグジーでは楽しそうに話をしています。

●起きがけの「立てない・歩けない」症状は、新しく処方された薬が効いているようで改善されています。アリセプトは5mgに減量しましたが中断はしていません。抗精神病薬等を一切服用していなかったので、最初に疑ったのはアリセプトの副作用でした。素人の浅知恵で妻を苦しめるような試行錯誤をせず、もっと早く主治医に相談していれば新たな不安を生じさせないですんだのですが・・・。

画像
脳リハビリを止めてから通い始めたスポーツクラブ/6年目になります


■お知らせ・・・・・・・・・・・
若年認知症家族会・彩星の会 定例会

●日時:2010年3月28日(日)13:00〜16:00
@ミニ講演 干場代表「相談活動から見えてきたもの」
A家族交流「小グループになって情報交換をします」
Bメンバー交流会(本人とサポーター)
 「お花見会とハンドベル演奏」
●会場:首都大学東京 荒川キャンパス 
所在地:〒116-8551 東京都荒川区東尾久7-2-10
※当日キャンパス前に案内人がいます。

■アクセス
JR京浜東北線王子駅・東京メトロ南北線王子駅
東京メトロ千代田線町屋駅・京成線町屋駅から
都電荒川線「熊野前」駅下車徒歩3分
JR山手線日暮里駅・西日暮里駅
JR京浜東北線日暮里駅・西日暮里駅
JR常磐線日暮里駅
東京メトロ千代田線西日暮里駅
京成線日暮里駅 から
日暮里・舎人ライナー「熊野前」駅下車徒歩3分
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
●連絡先 若年認知症家族会・彩星の会
 〒160-0022 東京都新宿区新宿1-29-5 グランドメゾン801号
 TEL:03-5919-4185 FAX:03-5368-1956
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
のんた2号さん、こんばんは!
寒い日が続いていますが、いかがお過ごしですか?

先日は、「彩星の会 定例会」のお知らせありがとうございました。
せっかくお教え頂いたのに、参加できませんでした・・・残念です。
また次の機会には、参加してみたいと思います。

実はここ最近、母に変化がありました。
ガマンが出来なくなってきて、家を出るという行動をとるようになりました。
進行すれば、そういう行動も出るだろうと思ってはいたのですが・・・思ったよりも早くその時期がきました。

家族は今、どう接して良いのかわからず・・・
このままアリセプト5rだけで良いのか?
毎日考えています。
母の日々の変化についていけていないという現状です。
のんた2号さんのように、家族が学ばなければ!!

ヨウコ
2010/03/30 00:03
ヨウコさんへ
ありがとうございます。
◉5月は例会ではなく、☆ほしまつり☆というイベントの予定です。楽しいイベントですので、無理せず参加できたらどうぞ。決まりましたらお知らせします。

初期の頃は、本人・家族とも不安と焦燥が大きくて本来の重症度以上に精神や行動症状を悪化させる場合もあるかもしれません。様々な障害が顕在化してくる時期は本人はとても辛く、家族も焦ってしまい対応に苦慮されます。私も間違った対応をして妻を苦しめた時期です。
お母さんが厳しい精神症状や行動障害がでましたら、どういう時に現れるのかをメモして、早めに主治医に相談なされたらよいかと思います。
お母さんの思いを大切に!
それでは、また。

のんた2号
2010/03/30 11:17

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
アルツハイマー病を発症してから始めたプールの利用 若年性アルツハイマー病の妻と弥次喜多道中/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる