若年性アルツハイマー病の妻と弥次喜多道中

アクセスカウンタ

zoom RSS 友達に励まされ、少し元気に!

<<   作成日時 : 2010/03/14 18:50   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 2

去年の11月頃からから続いていた歩行障害(立っていることも歩くこともできない)に不安が増していました。いつもは寝起きの朝1時間位で治まっていたのが、だんだんと長くなり2時間位続くようになってきました。先週の診察でアセチルコリンとドーパミンとのバランスが崩れているのではないかとの主治医の診断でした。先週の水曜日よりアリセプトは7.5mgから5mgに減量し、新しく処方された薬を飲み始めてから歩行障害は治まっています。

京都に住んでいる時に知り合ったAさんから文旦と無農薬野菜が、高校で同じ演劇部のBさんからはイカナゴの釘煮が送られてきました。遠くに住んでいるのでたまにしか会うことはできませんが、妻のよき理解者でいつも変わらぬ付き合いをしています。最近は元気のない日が続いていたのですが、二人の友達に電話で励まされ少し気持ちが軽くなったようです。

画像
   ※無農薬で栽培された文旦

画像
   ※イカナゴの釘煮

one point・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
●アルツハイマー病では最も記憶に関連すると言われているマイネルト基底核のアセチルコリン作動性神経細胞群の脱落・変性が著しく、記憶障害に関連が深いと考えられています。アセチルコリン作動系以外にも、セロトニン作動系、ノルアドレナリン作動系、そしてアミノ酸や神経ペプチド作動系にまで及び、この意味で多系統変性疾患であると言える。認知機能障害にはこれらの神経伝達物質異常が関与しているとことが想定される。

アツハイマー病における主な神経伝達物質異常
アセチルコリン   ↓↓↓
セロトニン     ↓↓↓
ノルアドレナリン  ↓↓
ドーパミン     ↓
グルタミン酸    ↓↓
ソマトスタチン   ↓↓
コルチコトロピン  ↓
サブスタンスP   ↓
ガラニン      ↑
(新しい診断と治療のABC[22]/アルツハイマー病より)

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
エアマックス 2012
友達に励まされ、少し元気に! 若年性アルツハイマー病の妻と弥次喜多道中/ウェブリブログ ...続きを見る
エアマックス 2012
2013/07/23 15:19

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
のんたさん、こんばんは

去年の11月から歩行障害になっていたんですね。
奥さんも、のんたさんも大変だったですね。

でも、今は良くなって良かったですね
これから、だんだん暖かくなるので散歩もいいですね。

(そう言う私は散歩もしないですけど、息子にいつも
お父さん少しの時間でも運動の為に散歩してきたらと
言われてたけど、私が動かないので今は言ってこないけど
暖かくなったら言ってきそう)

文旦とイカナゴの釘煮、美味しそうですね。
いつまでも高校の同級生はいいですね。
私も、田舎に帰って中学・高校の同級生が
お客で来てくれて皆、終わって色々と話をして
帰ります。

のんたさんも奥さんも色々と大変と思いますが頑張ってください。
一味
2010/03/17 20:06
一味さんへ
ありがとうございます。
元気で穏やかそうですね。
暖かくなったら、自分のペースでぜひ運動なさってください。
歩けない、立てない症状は改善され、妻は元気を取り戻しました。私も妻も不安でした。私はアリセプトの副作用かと思って服用を中断していたのですが間違っていました。私の判断ミスでした。
今日はヘルパーさんとプールに行く日でした。
私が何度も「太りすぎだよ」と言ったことを大分気にしているようで、プールで一生懸命運動したようです。ヘルパーさんの連絡メモにそのようなことが書いてありました。
反省です。
それでは、また。
のんた2号
2010/03/17 23:18

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
友達に励まされ、少し元気に! 若年性アルツハイマー病の妻と弥次喜多道中/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる