若年性アルツハイマー病の妻と弥次喜多道中

アクセスカウンタ

zoom RSS 若年認知症患者や家族が利用できる手当、年金・医療制度・・5

<<   作成日時 : 2010/01/29 15:19   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 2

若年認知症は介護保険の対象になります
■65歳以上のかたは、原因を問わず、入浴、排泄、食事、身じたくなどの日常生活を送るために介護や支援が必要な場合。
■40〜64歳のかたは、初老期の認知症や脳血管疾患など、老化にともなう16種類の病気により介護や支援が必要な場合。 
●認定
介護保険のサービスを利用するには、お住まいの市区町村の介護認定を受ける必要があります。
■申請からサービス利用までの流れ(千葉県K市の場合)
1. 申請
申請書は市役所、出張所、在宅介護支援センター等にあります。
申請は本人または家族のかたが、高齢者支援課または在宅介護支援センターへ。
40歳〜64歳のかたは健康保険証を持参すること。
 ↓
2. 訪問審査
 ↓
3. 一次判定
 ↓
4. 主治医の意見書に基づいて介護認定審査会(二次判定)
※介護認定審査会で要介護度が判定されます。
要介護度には要支援(1〜2)と要介護(1〜5)があります。
 ↓
5. 認定結果通知(本人に郵送)
(原則として、申請から30日以内)
 ↓
6. 介護サービス計画(ケアプラン)作成
 ↓
7. 介護サービスの利用開始

■介護保険の主なサービス
★居宅サービス
1. 訪問サービス(介護予防訪問サービス)
訪問介護(ホームヘルプ)/訪問入浴サービス/訪問看護/訪問リハビリテーション/居宅療養管理指導
2. 通所サービス(介護予防通所サービス)
通所介護(デイサービス)/通所リハビリテーション(デイケア)
3. 短期入所サービス(介護予防短期入所サービス)
短期入所生活介護(福祉施設へのショートスティ)/短期入所療養介護(医療施設へのショートスティ)
4. その他(介護予防サービスを含む)
特定施設入居者生活介護/福祉用具レンタル/福祉用具購入費の支給/住宅改修費の支給/サービス計画の作成
★施設サービス
介護老人福祉施設(特別養護老人ホーム)/介護老人保健施設(老人保健施設)/介護療養型医療施設(療養型病床群)
★地域密着型サービス(お住まいの市区町村の住民が対象)
要介護状態になっても、可能な限り住み慣れた自宅や地域で生活を継続できるよう、支援していくものです。
小規模多機能型居宅介護/夜間対応型訪問介護/認知症対応型通所介護/認知症対応型共同生活介護(グループホーム)/地域密着型特定施設入居者生活介護/地域密着型介護老人福祉施設入所者生活介護
※詳細はお住まいの市区町村にお問い合わせください
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
妻の場合(49歳から通院開始、50歳で診断・告知、31日で57歳)
介護保険(要介護2)
障害福祉(精神1級)/障害者基礎年金(1級)
自立支援医療受給者(月間自己負担上限額5,000円)
障害福祉サービス受給者(自立支援)
画像

今日は週1回のデイサービスの日で、送迎の車を待っています。
昼食+おやつで800円と高いですが、栄養士で専任のかたが調理をしています。「和食は目で食べる」と言いますが、盛りつけや彩り、そして器にも気を使っています。私も数回食べましたが美味しい料理で、妻は昼食とおやつを楽しみに通っています。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
いつも、ご本人やご家族に本当に役に立つ情報を分かりやすくまとめて書いてくださって、感謝、感謝です。今回の情報も、必要な方の所に必要な支援が届くようにするために活用させていただきたいと思います。
本当にいつもありがとうございます。

奥様も、このデイサービスのように楽しみにして出かけることができる場所が増えると良いですね。遠くから、応援しています。

春はもうすぐ、でもまだまだ寒い日が続きます。
どうか、お二人ともお体を大切に、お元気でお過ごしください。
jun
2010/02/05 21:08
junさんへ
ありがとうございます。
お元気でしょうか?
家族会に参加して話を聞いていますと、地域によって審査基準が違ったりサービス内容にも違いがありますね。
本当は、どこに住んでいても同じサービスが受けられのがよいと思います。
楽しい時間が少しでも増えるようなケアをと考えていますが、難しいですね。
これからも、支援をよろしくお願いします。
のんた2号
2010/02/07 00:48

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
若年認知症患者や家族が利用できる手当、年金・医療制度・・5 若年性アルツハイマー病の妻と弥次喜多道中/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる