若年性アルツハイマー病の妻と弥次喜多道中

アクセスカウンタ

zoom RSS 久し振りの国立博物館

<<   作成日時 : 2009/04/22 20:22   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

妻と国立博物館に来るのは1年ぶりです。
去年の5月は「国宝 薬師寺展」でした。
今年は「国宝 阿修羅展」と「カルティエ展」を見てきました。
「カルティエ展」では、宝石などの輝きの素晴らしさに何度も何度も感嘆の大きな声をあげていました。
少し問題はありましたが楽しむことができ、また脳にも良い刺激にもなったようです。
●去年には無かった障害
1. 一般トイレから 障害者用トイレの使用
2. レストランの食事でナイフとフォークを使わずに箸を使用
3. 中空の透明ガラスの回廊が怖くて歩くのに時間がかかった
  (色付きガラスの回廊なら問題ありませんでした)

画像
      国立博物館前(ハナミズキをバックに)
画像
       正面に見える建物が東京国立博物館

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
のんたさん、こんばんは

奥さんが楽しみにしていた仏像を観にいって来られたんですね。
そして沢山の宝石類を観て奥さんものんたさんも素敵な一日でしたね。

奥さんの写真を見るとホント少し肥えているのがわかります。
でもとても健康的でいいですよ。

のんたさんも、お料理大変ですけど頑張ってください。
一味
2009/04/25 19:01
一味さんへ
ありがとうございます。
とても楽しもことができました。妻は京都に住んでいる頃は、毎日のようにお寺まわりをしていたようです。観ている時は、全く疲れを感じないのですが帰ってきてから、疲れを訴えていました。
そうなんです。太ってきたのが写真でも分かるようになりました。
去年1年間で6kg増えました。間食は、ほとんどしませんが夕食の食べ過ぎです。どうしても、夕食が遅い時間になっているのも問題です。
館内の障害者用トイレから、少しの間出られなくなりました。外からもボタンで開閉できる障害者用トイレしか知りませんでしたので焦ってしまいました。何とか自力で開くボタンを押すことができました。
使用する前に、チェックが必要ですね。教訓でした。
のんた2号
2009/04/26 11:57
のんびりと国立博物館に行きたいですね。
長田ドーム
2009/05/04 10:39
長田ドームさんへ
ありがとうございます。
もっと、ゆっくり観たかったのですが、
とても混雑していて、疲れました。
のんた2号
2009/05/08 00:06
当人にとってトイレが大変だとはなかなか気づきませんでした。教えていただいて有り難いと思っています。
今は外出時のトイレは気をつけるようにしています。まだ、普通のトイレを使っていますが、先日は列車のトイレで、気づくとロックせずに利用していました。扉の前に陣取って、他の利用者が来ないように見守っていましたが。。。
May-Taste
2009/05/16 00:08
May-Tasteさんへ
ありがとうございます。
体験者に聞くと列車のトイレ、飛行機のトイレも苦労すると言われていますね。一人でトイレ使用が難しくなると、一般トイレでは、介護者が男女どちらでも男性用トイレの大を使用してドアの前で待っているようです。
のんた2号
2009/05/18 16:19

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
久し振りの国立博物館 若年性アルツハイマー病の妻と弥次喜多道中/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる