若年性アルツハイマー病の妻と弥次喜多道中

アクセスカウンタ

zoom RSS 若年認知症啓発交流イベントとビーズ創作

<<   作成日時 : 2009/02/23 15:31   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 9

2月21日(土)
若年認知症啓発交流イベント
ー若年認知症を地域で支える輪をつくろうー
に妻と参加しました。
●「若年認知症の最近の動向について」
宮永 和夫 医師(若年認知症サポートセンター理事長 ゆきぐに大和病院院長)
●「若年認知症を支える輪を作ろう」
コーデイネーター 高橋正彦 医師(香川大学精神科 講師 精神科医)
◆関東以北の活動交流会の報告
コーデイネーター
●東京都の若年認知症対策 小林 由香子氏 (東京都福祉保健局高齢社会対策部 在宅支援課)
●家族会活動 平野 恵子 氏 (北海道ひまわりの会)
●本人&家族活動 吉田 歌子 氏 (川崎市 ぐるーぷ麦)
●就労支援 比留間 ちづ子氏(若年認知症社会参加支援センター・ジョイント所長)
(皆さんの報告の後、参加者とのディスカッションとなりました。)
最後に干場 功氏「今後の活動について」のお話しと閉会のあいさつで終了。

別会場には、ジョイントに参加されている認知症の方の作品販売が開催されいました。本人が描かれた楽しい絵のTシャツ、絵はがき、カレンダー等を販売していました。
とても生き生きと認知症の方々が、販売している作品の紹介をされていました。
『ジョイントは週2回、10時〜3時。「仕事」は、新宿区の公演や道の掃除、封入作業、イベント係員、手工芸や創作、作品販売、研修会講師、行政窓口や地域コミュニティへの巡回訪問、マスコミ対応。それぞれ得意な方が担当するが協力分担はスムーズ。
活動の主要テーマは「就労型・地域参加活動」を行うこと。』案内に書かれていました。
妻の場合、就労に興味はないようですが地域活動はしたいとのこと。
妻も相手も楽しめて、いま出来ることは落語絵本の朗読。月1回でも公演する場所があれば、もっと生かされると考えています。
高橋先生曰く「若年認知症は進行が早いという定説に最近は疑問に思っています。患者本人の環境やどういうサポートを受けているかによってずいぶん違うのではないかと考えています」とおっしゃっていました。私も同じ考えです。個性や重症度に応じた役割分担などで社会と繋がるサポートすることで、孤立しないことが最も大切なんでしょうね。家にいて、不安の中で何もすることがないのは辛い。

2月22日(日)は、地元の若年認知症の家族会で知り合ったお宅へ遊びに行きました。
若年認知症のお母さんを近くに住んでサポートされている娘さん夫婦で、ビーズ等の制作も得意とのことで早速お願いしました。
生徒は、お母さんと妻そして私です。とても教え方も上手く、3時間があっというまに過ぎました。娘さんに多くを手伝ってもらい3点できました。「とても楽しかった」と家に帰って来てから何度も言っていました。
画像

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 4
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(9件)

内 容 ニックネーム/日時
若年性の方を支援する動きが活発になってきたようですね。身近で支援を受けられるようになれば、多くの方が救われるでしょうに・・・

脳の病気については、近年解明されることが多く、今までの定説は、過去のものとなりつつありますね。
若年性の方の進行についても然り。
高齢者も、初期から病識はしっかり持っていると思います。ただ進んでから家族が気がつくことが多かったので、目の前の現実に振り回されてきた、ということでしょう。

ビーズの作品みごとですね。
楽しめることがあることはすばらしいですね。
ひとりでの留守番の問題が解決されればいいですね。
支援者がほしいですね。
miki
2009/02/23 17:14
こんばんは!可愛らしい作品ですね!素敵です!21日は三河ブロックの交流会に参加する予定でしたが、国立長寿医療センターのワーカーさんから「若年性の交流会」を改めて紹介して頂く事になったので行きませんでした。いつか参加します(笑)
ぶるぅキャット
2009/02/24 01:16
mikiさんへ
ありがとうございます。
これからは、早期発見の方が増えてくると思います。
医療機関・専門職・地域・家族の連携が重要になってきますね。自立支援制度を利用して考えようと思っています。
のんた2号
2009/02/24 14:06
ぶるぅキャットさんへ
ありがとうございます。
追突事故にあったのですね。
大丈夫ですか?
その時は、気が張っているので大したことがないと思っても後で痛みが来ますので要注意です。
しっかり直さないと、後々大変です。
犯人は捕まったのですか?
無理しないで、養生して下さい。
医療センター紹介の交流会が私も良いと思います。
また、よろしく。
のんた2号
2009/02/24 14:14
のんたさん、こんにちは

のんたさんも奥さんも社交的な方なので
お友達が沢山出来ていいですね。

私はその逆で社交的で無いので
今はまだいけますけど、いずれ家族会にも
出て行く時が来た時に少し不安です。

この作品の真ん中の作品が奥さんで
向かって右側の手首にはめる作品がのんたさんですか?
三点とも良い作品ですが誰がどれを作ったかなと思いまして。
一味
2009/02/24 14:21
一味さんへ
ありがとうございます。
簡単な作業を妻が、難しい所は先生がしました。
楽しかったようです。
私は決して社交的ではありませんが、だんだんと家族会や講演会に参加して知り合う人が増えてきました。
サポートを受けるばかりで、心苦しいです。
一味さんの頑張りに敬服です。
それでは、また。
のんた2号
2009/02/24 18:26
kazu様に詳しい情報を提供していただき、感謝です。告知は繊細な問題ですね。
miki
2009/02/26 09:03
のんたさん お久しぶりです。
随分ご無沙汰しました。

3月を迎えましたが、こちらは冷え込みが、ぶり返してきたようです。

きれいな作品を見せていただき、ありがとうございました。3時間が奥様にとって、大変充実した時間だったことが「とても楽しかった」の言葉から見えてきます。

燃え尽き症候群ではありませんが、今年に入り仕事をリタイヤすることを考えていました。極度の人見知りと自分の業務とのバランスが取れなくなってしまったようで・・・・
スタッフの言葉に励まされ救われ、もう少し頑張ってみようかなとリタイヤを中止することにしました。のんたさんが以前「燃え尽きないでくださいね」と励ましのお返事を頂いたことも思い出しました。あらためてありがとうございます。

高橋先生のご意見は、同感するところです。私も以前は(随分昔ですが・・)資料等でそのように認識していましたが、一人ひとり違いますし環境(私たちも含め)により大きな違いが出てきますよね。
ぷー
2009/03/03 19:30
ぷーさんへ
長いご無沙汰でしたね。
ぷーさんはいつも仕事に、とても真面目に取り組んでいらっしゃるのでしょうね。私は、仕事と組織が嫌いで3年しか就職したことがありません。妻が病気になるまでは、気楽な気楽なフリーターのような生活でしたが、病気になってからは少し真面目に仕事をしています。
デイのアイディアは色々あるのですが、先ずは経済問題が解決しないと先に進みません。今は自立支援制度を利用して、介護保険とは違うサポートを妻に考えていますが、どうでしょうか?市役所に相談してきました。これから書類の提出と面談になります。
ぷーさん、もし経済的に許すなら
立ち止まって、ゆっくり休むことも必要かなと私は考えます。
ぶらっと旅行でもいかがですか?
その時は、ぜひ立ち寄って下さい。土・日なら案内できます。
それでは。また。
細かい雪が降っています。

のんた2号
2009/03/04 00:22

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
若年認知症啓発交流イベントとビーズ創作 若年性アルツハイマー病の妻と弥次喜多道中/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる