若年性アルツハイマー病の妻と弥次喜多道中

アクセスカウンタ

zoom RSS 今年も、よろしくお願いします。

<<   作成日時 : 2009/01/04 21:30   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 8

画像
●認知症の方は、数秒後には今まで何を話していたか忘れるかもしれませんが、私たちが彼らに抱かせた感情は決して忘れることがないと言われています。

一、ものごとは心にもとづき、心を主とし、心によってつくり出される。もしも汚れた心で話したり行なったりするならば、苦しみはその人につき従う。ー車をひく[牛の]足跡に車輪がついて行くように。

二、ものごとは心にもとづき、心を主とし、心によってつくり出される。もし清らかな心で話したり行なったりするならば、福楽はその人につき従う。ー影がそのからだから離れないように。
ブッダ・真理のことばー「ダンマパダ」(「法句経」)より

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
あけましておめでとうございます。

のんた2号様と奥様の二人三脚の珍道中が今年も
楽しく繰り広げられますように祈っています。

ブッダの言葉・・・心したいですね。
miki
2009/01/07 17:30
今年もよろしくお願い致します。

昨日、テレビ番組を視聴しました。情報をいただきありがとうございました。

いい時間が流れる一年であることを願っています。

また、いろいろと御教授ください。

ゼニーです
2009/01/08 08:40
のんたさん、こんばんは

テレビ拝見しましたよ。
お二人の結婚写真を見て、奥さんとても綺麗ですね。
のんたさんもお若い時から髭を生やしているのですね。
どこか秋篠宮殿下に少し似ていますね。

奥さんは紙芝居を趣味とリハビリを兼ねて
のんたさんの協力で出来ていいですね。
これからも頑張ってください。
一味
2009/01/08 21:01
mikiさんへ
ありがとうございます。
春になったら、智恵子記念館に行くつもりです。
妻も紙絵には興味があるようです。
また、よろしくお願いします。
土門拳記念館は、遠いですが、一度は行きたいですね。

のんた2号
2009/01/08 23:08
ゼニーさんへ
ありがとうございます。
御教授なんて、とんでもありません。
若年性の患者にとっては、ゼニーさんのような多趣味で柔軟性のある先生がよいですね。これからも、応援よろしくお願いします。
のんた2号
2009/01/08 23:13
一味さんへ
ありがとうございます。
ちょっと、ほめ過ぎです。
今年は妻にとって、どんな年になるんでしょうね。
穏やかで、楽しい日々であってほしいですが・・・。
お互い無理せず、がんばりましょうね!
また、よろしくお願いします。
のんた2号
2009/01/08 23:21
土門拳記念館は、土門ファンなら一度は訪れたいところですね。
去年、開館20周年だったかで、「筑豊のこどもたち」「古寺巡礼」「風貌」など代表作が展示されていましたよ。

戦後50年のとき、銀座のデパートで土門拳の「筑豊の子どもたち」を見ましたが、迫力がありました。
10歳くらいの女の子の虚無的な目が忘れられません。
実物大かと思うくらいの大きな写真だったからこその迫力でした。
「ヒロシマ」は目をそむけたくなるくらい縫合手術の跡が痛々しかったです。

いつの日かどうぞお出かけくださいね。
miki
2009/01/12 16:51
mikiさんへ
ありがとうございます。
「筑豊の子どもたち」「ヒロシマ」は、mikiさんの言われる通りですね。下町の子供たちの写真もいいですね。
遠いですが、いつかは行きたいです。
それでは、また。
のんた2号
2009/01/13 14:00

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
今年も、よろしくお願いします。 若年性アルツハイマー病の妻と弥次喜多道中/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる