若年性アルツハイマー病の妻と弥次喜多道中

アクセスカウンタ

zoom RSS インコの耳に念仏。

<<   作成日時 : 2008/08/17 16:40   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

●妻は一生懸命、2羽のインコに説教しています。
1〜2分は、しゅんとしているのですが、すぐケンカが始まります。
妻   「ケンカばかりするな!」
インコ 「?・・・・・?」(一瞬ひるみましたが、またケンカを開始。)
妻   「私と一緒で、すぐ忘れてしまうんだよね。困ったもんだ!」
画像

●脳リハビリを止め、プールに通い始めて約4年経ちました。
アルツハイマー病でも反復練習で水泳は、進歩することを知りました。クロールは新しく覚え、背泳ぎは前より上手くなりました。着替えやロッカーの使い方に苦労しているようですが、お願いすれば他の利用者や職員が手伝ってくれます。問題は、スポーツクラブまでの道順が分らなくなった時です。後どのくらい通えるのか分りません。
(※体の動かし方の記憶は「手続き記憶」といって、小脳に覚え込ませることで記憶することができる。小脳は間違った伝達経路を消去して、正しい運動ができる伝達経路のみを残して記憶する。プルキンエ細胞が重要な役割を果たしている。)
●15日は、ある介護施設(初めての場所)に遊びに行ったついでに紙芝居公演をしてきました。練習の効果がでて、とても上手くできました。少しでも自信になれば良いのですが。最近は日々の生活の中で、自信を失う事ばかりで落ち込んでいました。
●今日は妻と一緒に「テレ朝・・・若年認知症・夫婦の闘い・・・・」を見ました。妻は、ため息のみ。

にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
プールへの送迎、なんとかならないでしょうか。

送迎のみ、送のみ、迎のみ、のボランティア集団を作れないでしょうか。
時間帯の問題があるのでしょうが、中学校や高校のボランティア部の協力を得られないでしょうか。

本格的な介護・介助になれば、ボランティアのレベルではなくなると思いますが、送迎ならなんとかなるのではないでしょうか。

miki
2008/08/19 10:58
mikiさんへ
ありがとうございます。
同じ道でも、夜になると混乱するようになりました。
確実に、だんだんと難しくなってきますね。
少しでも、長く続けられるように対策を考えたいと思います。

のんた2号
2008/08/20 12:32
暑い暑いといっていた夏もそろそろ終わりですね。
書類ごとに追われ、PCに向かうのはレポート作成のみ (TT)
31日にポストに入れないと・・気持ちに余裕がなくなると、頭の中の容量が減ってくるような気がします。

手続き記憶は書かれていた通り残るものです。道順は、昼間同じ景色の中だと良いと思いますが、それでもクラクションの音だったり、ふと声をかけられることがあったりすると、難しいのではないかと思います。mikiさんが書かれているように、ちょっとした協力が必要なんだと思います。インフォーマルなサービスのなかでは、そんなちょとした、ちっちゃな手が必要となってくるんでしょうね。私の周りにも、ちっちゃな手を必要としている方がいらっしゃるんだと思います。
行き帰りが安全で、スイミングを長く続ける様にしたいですね。
ぷー
2008/08/25 20:57
ぷーさんへ
ありがとうございます。
妻は、ちょっと元気がありません。
病気の進行とともに断念することが増えています。
まだまだ仙人のような生活を望んではいません。
紙芝居・水泳・映画等は、少しでも長く続けさせたいと思っています。
また、いいアイディアがあったら教えて下さい。
ぷーさんも、頑張って下さい!

のんた2号
2008/08/26 19:37

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
インコの耳に念仏。 若年性アルツハイマー病の妻と弥次喜多道中/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる