若年性アルツハイマー病の妻と弥次喜多道中

アクセスカウンタ

zoom RSS 最近気になった2つのデータより。

<<   作成日時 : 2008/07/10 01:18   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 5

●NHK福祉ネットワーク 2008年5月29日(木)放送
シリーズ認知症(2) 生活を支える医療に向けて ーBPSDの実態調査からー
「周辺症状(BPSD)の悪化原因として
薬剤    37.7%
身体合併  23.0%
家族・介護環境 10.7%

適切な医療で何らかの改善の方向へ 93%
というデータが紹介されていました。
薬剤による悪化原因が一番多いという事は、認知症について十分な知識を持つ医師がきわめて少なく、認知症の人が医療から見捨てられている実態が浮かび上がった。」とのことでした。
また訪問診療専門医 木之下 徹先生(こだまクリニック院長)の訪問診療の様子がVTRで紹介されていました。

●若年認知症について厚生労働省の研究班が群馬県で初めて行った実態調査から、全国の患者数が31,000〜52,000人と推計されることがわかった。
平均年齢56歳で最も若い患者が21歳の男性だった。
血管性認知症   44%
アルツハイマー病 23%
頭部外傷     10%
前頭側頭型認知症 4%

(2008.7.5 読売新聞より)

●昨日は通院している病院での若年性アルツハイマー病の家族会に参加しました。
いままで病院で進めているワクチン(治験)の進捗状況と新しく始まる別のワクチン情報の報告が主治医よりありました。ワクチンの治験に関してはアメリカに比べて遅れは半年程とのこと。
グループホームを追い出されて困っている話しを聞きました。奥さんが若年性ADで、ご主人は仕事をされています。子供はいませんので介護できるのはご主人しかいません。私と同じ年代で同じ境遇です。
●妻はアリセプト10mgに増量して40日程経過しましたが、効果はわかりません。
今日はサポーターと一緒にプールに行ってきました。だんだん慣れてきた様子。今度は映画を一緒にどうですかと言われたそうです。ある病院の認知症病棟での紙芝居公演も企画してくれています。私が来週から仕事の合間に2作の紙芝居ボードを作成する予定です。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(5件)

内 容 ニックネーム/日時
今回素晴らしいニュースがあったのでお伝えさせて
いただきたく書き込みをさせていただきます。
私が尊敬するドクターコウノが「認知症ねっと」
 http://www.ninchisho.net
の中で様々な悩みに関して答えて下さっています。
「認知症相談室(掲示板)」(無料登録で見れます)
 http://www.chihou.net/soudan/bbs/index.html
是非一度行って見て下さい。必ず役に立ちます!

以下は参考までです。
ドクターコウノの勉強会
 日時 7月26日(土)14:00〜17:00
 会場 札幌サンプラザ(011−758−3111)
       札幌市北区北24条西5丁目

ドクターコウノお勧めのサプリ(フェルガード)に関して
 メーカー(グロービア様)
  http://www.glovia.net/
 販売サイト
  http://www.feru-guard.com/

興味のない方は突然で申し訳ございませんでした。
皆様にもお役に立つことをお祈りしながら!
あいあい
2008/07/12 00:19
 サポーターの方とも少しづつうまくいっているようですね。サポーターの方もあせらず次のステップに進んでいただきたいですね。

 松本先生の本を読みました。水木さんの序章を読み、私のこの頼りない手が「生きていく大きな力」になれるのかなと・・・
8つのお話を読み、専門職として仕事に携わっていくなかで、たくさんのヒントを頂きました。
あせらず、のんびり、私らしく、笑顔に出会うために、ひよこは今日も頑張ります。

グループホームを追い出されたというお話ですが、前の部署がグループホームだっただけに、人事ではない感がします。何故だめなのかなぁと考え込んでしまいました。いろいろなことがあってのことなのでしょうが・・・
 思いがまとまらないので、今日はこれにて・・
ぷー
2008/07/14 20:35
ぷーさんへ
ありがとうございます。
サポーターは、元看護士の女性です。今は1か月に一度ですが、色々考えてくれています。本当に焦らずにと思っています。
周辺症状ですね。どの程度、厳しいかは見ていないので分らないのですが・・・。難しいですね。
妻の場合は、理解されている安心感がとても大切です。(皆さんそうでしょうが)理解されていないと感じた場合は、軽いうつの症状になって現れます。
妻が通うデイサービスのスタッフが理解を徐々に深めてくれていますので、大きな力になってくれそうです。
ぷーさんらしく、あせらず、のんびり、ですね。
私も同じです。
のんた2号
2008/07/15 00:17
のんたさん、こんばんは

ワクチンの効果が証明されて
一日でも早く認可されることが待ちどうしいです。

奥さん、アリセプトの副作用はないのですか?
紙芝居の公演、大変と思いますが頑張ってください。
一味
2008/07/15 22:00
一味さんへ
ありがとうございます。
早くワクチンの効果も証明されて実用化してほしいですね。神経細胞がたくさん死んでしまってからでは意味がないですからね。早ければ早い程、効果も大きいです。問題なければ実用化まで3年でしょうか。
一味さんは、十分希望が持てます。
美味しい魚とビール(飲み過ぎはダメですが)で元気つけましょう!
のんた2号
2008/07/15 23:16

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
最近気になった2つのデータより。 若年性アルツハイマー病の妻と弥次喜多道中/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる