若年性アルツハイマー病の妻と弥次喜多道中

アクセスカウンタ

zoom RSS アルツハイマー型認知症の治療薬あれこれ。

<<   作成日時 : 2008/01/26 01:31   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 5 / コメント 4

すでに諸外国ではアルツハイマー型認知症の治療薬として2カテゴリーで4種の薬が使われています。日本で塩酸ドネペジル以外は治験中です。
1. アセチルコリンエステラーゼ阻害薬(アセチルコリンの減少を防ぐ)
●塩酸ドネペジル(アリセプト)
 日本でも1999年より認可され、2007年8月より高度患者にも10ミリ投与が可能になりました。5ミリに比べて軽度改善の割合は増えたようですが、副作用の発現率も増えました。
●臭化水素酸ガランタミン・2000年に認可
 天然物質から得られた誘導体です。脳内のアセチルコリンの産生を促す働きもあります。副作用が少ないといわれています。(第3相治験中)
妻が通う病院でも治験中です。アリセプトを止めなくてもよいなら受けたい治験です。
●リバスチグミン・1997年に認可
パーキンソン病に伴う認知症にも適応症が承認された唯一の薬です。
副作用を減らすために、パッチ製剤による治験中(第3相治験中)
2. NMDA受容体拮抗薬-脳細胞を保護する
●メマンチン・2002年に認可 
重度のアルツハイマー病にも希望が持てる薬といわれています。アリセプトと併用使用が有効だったと報告が米国にあります。(治験中)
3. 漢方薬-中国伝統医学では「未病を治す」と言います。
●加味温胆湯●八味地黄丸などは一時的に認知機能も改善されるようです。
※日本では塩酸ドネペジル(アリセプト)で副作用があって使用出来なかったり効果がない患者にとって他に選択肢がありません。日本人と欧米人では同じ薬でも副作用が違うといわれますが、諸外国で長年使用されている薬は、もう少し早く治験を進めて認可してほしい。日本が治験後進国と言われないように。
●「2007.6 ほっとくる」「新しい診断と治療のABC アルツハイマー病」を参照。

画像
1.26 認知症公開講座プログラム みんなでつくろう!認知症にやさしいまちづくり2008 〜認知症になってもこのまちに住みたい〜 に妻と参加してきました 
パネリストに主治医の先生と患者仲間が参加してしていました

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 4
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス

トラックバック(5件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
【アルツハイマー病】についての検索結果をリンク集にして…
アルツハイマー病 に関する検索結果をマッシュアップして1ページにまとめておきます… ...続きを見る
あらかじめサーチ!
2008/01/26 09:16
花粉症の漢方薬・小青竜湯とは?
★小青竜湯(しょうせいりゅうとう)とは  漢方薬はいくつかの薬草を一定の比率で組み合わせて成立しています。民間薬はたいていドクダミとかハトムギなど1種類か、せいぜい二種類の薬草が量も適当に入っているので、漢方とは区別しなければなりません。 ...続きを見る
美容と健康は自然の恵みで,アルツハイマー...
2008/01/26 20:00
ガンと漢方治療
≪天仙液公式webサイトより抜粋≫このように、中医学の漢方生薬はガンの治療や、補助治療に用いることで、その治療効果は明確です。一般的に正しく使用されれば、漢方生薬は各種のガン治療に有効です。同時に、西洋医学的な治療法と同様に漢方生薬のみでガン治療を行うときには、限界も存在するでしょう。このため、漢方薬の抗ガン活性成分の研究と改良等、さらに深く研究することが必要とされています。また、現在のガン治療において中西医総合治療が広く行われるようになりました。それは中医学のガン治療におけ... ...続きを見る
天仙液 抗がん 漢方薬 情報,アルツハイ...
2008/01/28 16:21
花粉症改善体験談(NO2)
★花粉症体験談(NO2) ...続きを見る
美容と健康は自然の恵みで,アルツハイマー...
2008/01/30 20:05
新薬モニター治療の安全性
新薬モニターは新薬を服用することから身体への安全性について確認することが重要です。国は新薬モニターの安全を確保するためにGCPと呼ばれる厳しい安全基準も定めています。実際に新薬モニターで使用される新薬の種類は大きく3つに分けられます。 ...続きを見る
新薬モニター治療
2008/03/27 16:01

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
ほんとに、外国で使われている薬は、日本でも早く認可してほしいですね。
アリセプトしか選択肢がないっていうのは、
結局、どの薬が合うのか、試すことも選ぶこともできないのでキツイです。

私は、この病気に効果があるといわれているものは、父のストレスにならない程度に(父が自分で試す気持ちになっているもの)
試してみたいと思っています。
今、父は食後に赤ワインを小さなグラスに1杯飲んでいます。
その他に、イチョウ葉エキスを試してみようかと2人で話しているところです。
のんたさんの奥様は、病院のお薬以外で何か試されていますか?
もし何かありましたらお聞かせ下さい。
ヒカル
URL
2008/01/30 20:44
テレビで拝見しています。
私は、昨年末から「笙子さん」が
大腸がんで手術しましたので、
とぎれとぎれのブログでしたが、
2月からは又
書いていきたいと思っていますので
よろしくお願いします。
水木
2008/01/31 18:23
若年性認知症の治験をおこなっている大学病院をさがしています
もし知っていたら教えてください
よろしくお願いします
ゆかり
2010/12/18 13:21
ゆかりさんへ
コメントに気がつかず遅くなりすみません。
若年をターゲットにした治験や認知症全般をターゲットにした治験は多分ないと思います。
認知症の種類別で、例えばアルツハイマー病をターゲットにした治験とかになろうかと思います。
女房が受けたワクチンの治験で、アルツハイマー病に対してでした。現在は第3相治験が進行中で、募集は締め切っているかと思います。欧米では使用されている3つの薬が我が国でも治験が終わって来春から使えるようになりそうです。
他にも新しいワクチンの治験も進行しているようですが詳細は分かりません。
少人数の治験の場合は、外に出ない場合も多いので私たちでは情報を掴むことが出来ません。
何の手助けにならずすみません。
のんた2号
2010/12/22 23:30

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
アルツハイマー型認知症の治療薬あれこれ。 若年性アルツハイマー病の妻と弥次喜多道中/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる